古民家を購入する際の注意点とは? リフォーム費用・補助金についても解説

古民家の購入に興味があるものの、具体的な注意点が分からず、なかなか行動に踏み出せていない方もいるでしょう。今回は、古民家を購入するなら押さえておくべき注意点について、詳しく解説していきます。古民家の持つメリットや、お金に関するポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

古民家購入の注意点

古民家を購入する際に押さえておきたい注意点には、以下のようなものがあります。購入前にこれらの注意点をきちんと把握し、後悔や失敗を防ぎましょう。

  • 破損や老朽化があればリフォーム費用が掛かる
  • 耐震性や断熱性が低い場合がある
  • リフォームする場合は業者の技術力が必要
  • 水回りの設備が古い可能性がある

 

破損や老朽化があればリフォーム費用が掛かる

古民家購入において特に注意しなければならないのが、破損や老朽化があるとリフォーム費用が掛かってしまうということです。一般的に、古民家の築年数は50年を超えているため、破損している箇所や老朽化が進んでいる箇所は複数あることが考えられます。実際、破損や老朽化が一切ないような古民家はほぼありません。そのため、古民家を購入する場合は、購入後にリフォーム費用が必要になる可能性が高いということを、あらかじめ理解しておいたほうがよいでしょう。

 

耐震性や断熱性が低い場合がある

古民家は、耐震性や断熱性が低い場合があるので、注意が必要です。実際、耐震基準が改正された1981年よりも前に建てられている古民家がほとんどで、現代の耐震基準を満たしていない可能性は高いでしょう。そのため、現状のままでは耐震性が不十分となれば、耐震リフォームが必要です。また、ほとんどの古民家には、断熱材が使用されていません。そのため、冬場はかなり冷え込んでしまうことが考えられるので、注意が必要です。

古民家の耐震補強についてさらに詳しく見る

古民家の断熱リフォームについてさらに詳しく見る

 

リフォームする場合は業者の技術力が必要

現代における一般的な住宅に比べて、古民家をリフォームするためには、より高度な技術力が必要となります。なぜなら、建築されてからかなり長い年月が経過している古民家は、手を加えなければならない箇所が多く、安全な建物にするための工事内容を考えて実践するのが非常に難しいからです。そのため、古民家購入後にリフォームを行おうとしても、安心して依頼できる業者がなかなか見つからないといったケースは少なくありません。

古民家のリフォーム費用やポイントについてさらに詳しく見る

 

水回りの設備が古い可能性がある

古民家を購入する場合は、水回りの設備が古い可能性があるということを、あらかじめ理解しておいたほうがよいでしょう。例えば、トイレが水洗化されていなかったり、キッチンの蛇口から冷たい水しか出なかったり、お風呂のお湯張りが手動でしかできなかったりするケースなどは非常に多いです。また、水道の蛇口や配管そのものが錆びついてしまっていて、正常に使用できないこともよくあるので、水回りの古さは特に注意すべきポイントといえるでしょう。

 

古民家のメリット・魅力

古民家には、古民家ならではのメリットや魅力ももちろんあります。

  • 間取りや空間が広い
  • 独特な雰囲気を味わえる

 

間取りや空間が広い

古民家が建築された時代は、現代に比べ、1軒の住宅で同居する家族や親戚の人数が多かったため、間取りや空間が広くなっているという特徴があります。そのため、古民家の中に入ったときに、開放感を強く感じる人は多いかもしれません。間取りや空間が広いと、住み心地がよくなるというだけでなく、カフェやシェアハウスなどにしても活用しやすいというメリットにも繋がります。

古民家の構造についてさらに詳しく見る

古民家のビジネス活用についてさらに詳しく見る

 

独特な雰囲気を味わえる

古民家の魅力を挙げる際に欠かせないのが、古き良き独特な雰囲気を味わえるというポイントでしょう。例えば、天然木を使用した大きな柱がそのまま見えるような造りになっていたり、現代には珍しい広い縁側が設けられていたりするケースは多く、日本らしい古風な趣を感じられます。最新の住宅では味わえないような落ち着いた雰囲気が漂い、古民家のほうがよりリラックスできるという人も多いかもしれません。

 

古民家のリフォームにかかる費用

古民家を購入する場合、購入後にリフォームを行うケースがほとんどです。そのため、古民家のリフォームにかかる費用についても、ある程度把握しておいたほうがよいでしょう。古民家のリフォームにかかる費用は、1,000万~1,500万円程度が平均的とされています。ただし、当然ながら具体的なリフォーム内容や建物の規模などによって費用は大きく変わってくるので、一概にはいえません。あくまで大まかな目安として捉えておくようにしましょう。

古民家のリフォームについてさらに詳しく見る

 

古民家購入で活用できる補助金

古民家を購入する場合、活用できる補助金がいくつかあります。補助金を活用することで、支払いの負担を大幅に軽減させることができるので、あらかじめ使える補助金制度を確認しておきましょう。古民家で活用できるに補助金はたとえば、以下のようなものがあります。

  • 解体費用の補助金
  • 耐震リフォームの補助金
  • 省エネリフォームの補助金
  • バリアフリーリフォームの補助金
  • 各自治体による独自の補助金

古民家の購入では、上記のようにいろいろな補助金制度がありますが、いずれも実際に活用するためには一定の条件を満たしていなければなりません。例えば、実際にかかった費用の金額に条件が定められていたり、リフォームの詳しい工事内容に制限があったりするので、各補助金の適用条件をよく確認しておくことが大切でしょう。

古民家の補助金制度についてさらに詳しく見る

 

古民家リフォーム・賃貸経営なら負担ゼロの「フリーノベーション」がおすすめ

古民家を購入してリフォームしようと考えている方は、費用負担もリスクもかからない「フリーノベーション」を検討してみてはいかがでしょうか?
フリーノベーションとは、古民家の所有者様と弊社が賃貸契約を結び、弊社がリノベーションを行い賃貸経営するという古民家活用方法です。もちろん、リノベーション費用は全額弊社が負担するので、所有者様の費用負担は一切ありません。
また、賃貸契約を締結するため、毎月継続して弊社からの家賃を受け取ることができます。古民家購入の注意点を気にすることなく有効活用できる方法なので、興味をお持ちになった方はぜひお気軽にご相談ください。

フリーノベーションについてさらに詳しく見る

 

古民家購入では注意点をきちんと押さえておくことが大切

古民家を購入する際は、押さえておくべき注意点が複数あります。注意すべきポイントを把握しないまま購入を決めてしまうと、失敗や後悔を招いてしまうことになりかね