古民家ビジネスを始めるには? カフェ、シェアハウスなどの事例や流れ、注意点など詳しく解説

古民家を保有している人のなかには、古民家ビジネスに興味を持っている人も多いのではないでしょうか?しかし、具体的なビジネスの例や、始めるときの流れなどがイメージしにくく、行動に移せていない人も多いかもしれません。そこで今回は、注目を集めつつある古民家ビジネスについて、徹底解説していきます。

 

そもそも古民家の定義とは?

古民家とは、明確な定義はないですがおよそ50年以上前に建てられている日本の伝統的な住宅のことを指すことが多く、現代の一般的な住宅とは建築様式や使われている素材などが大きく異なっています。特に、築年数の古い古民家では、建築する際に釘などを使用せず、木材のみを組み込むようにして建てられているものも多くなっています。

古民家の定義についてさらに詳しく見る

 

古民家にしかない魅力や価値

古民家は、単純に建物が古いというだけではなく、古民家にしかない魅力的な特徴も多々あります。古民家ビジネスを検討しているのであれば、古民家ならではの魅力や価値を把握しておきましょう。

 

間取りが広い

古民家が建てられた時代は、子供の数が多かったり親戚一同が1つの家に同居していたりする家庭が多かったことから、間取りが広く作られているという特徴があります。そのため、古民家で窮屈さを感じるケースはほとんどなく、現代において過ごしやすさを感じる人は多いでしょう。また、家全体の空間が広いので、手を加えて間取りをアレンジする際の自由度が高くなるという点も魅力的です。

 

独特な雰囲気を味わえる

古民家の持つ大きな魅力として、古風で落ち着いた独特な雰囲気を味わえるというポイントも押さえておきましょう。例えば、現代における新築住宅では見られないような広々とした和室や、昔ながらの土間や囲炉裏など、古き良き日本らしさを感じられるのは、古民家ならではの魅力です。まるで老舗の旅館を訪れたような、あるいはどこか懐かしさを感じられる場所に帰ってきたような、不思議と落ち着く感覚を味わえるでしょう。

 

古民家ビジネスの例

ここでは、実際に行われている古民家ビジネスの例を見ていきましょう。

  • 賃貸経営
  • 宿泊施設にする
  • コワーキングスペースにする
  • カフェ経営

 

賃貸経営

最もシンプルな古民家ビジネスの方法ともいえるのが、古民家に住みたい人を見つけて賃貸経営するという方法です。なお、賃貸経営する場合も、建築当時の古い状態のままではなかなか借り手を見つけることはできません。そのため、古民家ならではの魅力は残しつつも、最低限のリフォームやリノベーション工事を行う必要はあります。長く住み続けてくれる借り手が見つかれば、毎月安定して家賃を受け取ることができるのが、賃貸経営の大きなメリットです。

 

宿泊施設にする

古民家をリノベーションして、旅館や民泊などの宿泊施設にするという方法も、人気の古民家ビジネスの1つです。古民家のように日本の伝統を感じられる建物は、日本を訪れる外国人観光客からの人気が高く、宿泊施設としての需要もそれなりに見込めるでしょう。そのため、古民家の近くに外国人観光客が多く訪れるようなスポットがある場合は、宿泊施設としての古民家ビジネスが向いているかもしれません。

 

コワーキングスペースにする

現代風の古民家ビジネスとしては、コワーキングスペースにするという方法もあります。リモートワークが増えてきている時代だからこそ、誰でも利用できるコワーキングスペースの需要は高まってきているはずです。そのため、古民家をいろいろな用途で使いやすいような構造にリノベーションして利用者を募れば、十分立派なビジネスとして成り立つでしょう。ただし、立地によっては需要があまり見込めない可能性もあるので、注意が必要です。

 

カフェ経営

古民家をオシャレに活用したい場合は、カフェ経営による古民家ビジネスを始めるのもよいでしょう。古民家の持つ古風で独特な雰囲気を残してオシャレにリノベーションすれば、周りの目を惹く魅力的なカフェになります。和菓子や日本茶などをメインとした和風のカフェにするのはもちろん向いていますが、あえて洋風スイーツなどを提供するカフェにしても違和感なく雰囲気のよいお店になりそうです。

 

古民家ビジネスを始める流れ

古民家ビジネスに興味があっても、具体的にどのような手順で始めたらよいか分からず、一歩踏み出せずにいる人も多いかもしれません。ここでは、古民家ビジネスを始めるときの流れを解説していくので、なかなか行動に移せずにいる人はぜひ参考にしてみてください。

  1. 周辺の市場調査
  2. ビジネスモデルの決定
  3. リフォームやリノベーションを行う
  4. 設備を整える
  5. 補助金が適用されるかもチェック

 

周辺の市場調査

古民家ビジネスを始めようとする際は、まず周辺の市場調査をすることが必要不可欠です。特に、古民家周辺のエリアにおける需要があるかどうかという点は、必ず確認すべきポイントといえます。市場調査を行う具体的な方法としては、周辺の不動産会社から情報収集したり、対象となる自治体によって公表されている移住者情報を入手したりすることで、古民家ビジネスの需要を把握していくとよいでしょう。

 

ビジネスモデルの決定

周辺の市場調査がある程度できたら、具体的なビジネスモデルを決めましょう。例えば、住居として賃貸に出すのか、あるいはカフェ経営などの飲食店として営業するのかなど、所有する古民家にとって最適なビジネスモデルを決定します。なお、業態によっては、自治体や保健所などに許可をとらなければならない可能性もあるので、必要な申請手続きなどの確認も必ず行っておきましょう。

 

リフォームやリノベーションを行う

決定したビジネスモデルに合わせて、古民家のリフォームやリノベーションを行います。ここでは、どの箇所にどの程度手を加えるかを決めるのが非常に重要なポイントです。実際、リフォームやリノベーションの内容に応じて、かかる費用の額は大幅に変わってきます。費用を抑えすぎると、仕上がりが不十分となり古民家ビジネスが上手くいかない可能性も考えられるので、工事内容は慎重に考えていきましょう。

古民家のリフォームについてさらに詳しく見る

古民家のリノベーションについてさらに詳しく見る

 

設備を整える

建物のリフォームやリノベーションが済んだら、ビジネスに必要となる設備を整えましょう。例えば、旅館や民泊などの宿泊施設にする場合は、受付のためのカウンターやレジなどが必要です。また、カフェなどの飲食店にする場合は、厨房設備やテーブルなどが必要となるでしょう。設備を整える際は、古民家ならではの雰囲気を意識しながら設備を取り入れることが、よりよい仕上がりにするためのポイントです。

 

補助金が適用されるかもチェック

古民家ビジネスを始めるにあたって、補助金制度が適用されるケースがあるので、受け取れる補助金があるかどうかをチェックしましょう。例えば、空き家となっていた古民家のリフォームやリノベーションを行った場合に工事費用として補助金が支給される制度や、古民家を賃貸住宅にして高齢者の入居を受け入れた際に補助金が支給される制度などがあります。なお、古民家ビジネスに関する補助金制度の詳細は各自治体によって異なるので、対象となる自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

古民家をビジネス活用する際の注意点

古民家ビジネスを始めるには、注意すべき点もいくつかあります。ここでは、以下の3つの注意点を挙げて解説していくので、実際に古民家ビジネスを始める前に理解しておきましょう。

  • 断熱性UPや耐震補強が必要
  • 老朽化や破損個所がないかチェックしておく
  • 用途によってはバリアフリー工事も必要

 

断熱性UPや耐震補強が必要

古民家ビ