20代~30代の新生活応援する女性専用シェアハウス「KOIWA SHARE」

ご相続で利用されなくなった住宅を低予算リフォームで女性専用シェアハウスにリノベーションしました。
20代~30代の新生活応援することをゴールとして、コロナ禍中でも数年間、満室運営を継続し、資産価値も大幅にUPすることができた事例です。

 

現地調査

JR総武線「小岩駅」本当に住みやすい街大賞2021で第7位にランキングし、都内では物価も安く、働き盛りの若い世代に人気のエリアです。大手町・東京駅へのアクセスがスムーズで、新宿駅にも直通と都心方面への通勤の利便性は抜群。再開発も活発で、2022年から駅前のタワーマンションが次々と竣工する予定です。ショッピングセンターやスーパーはもちろん、下町情緒あふれる商店街が今も健在で、何と言っても江戸川河川敷を庭にする自然豊かな暮らしを楽しめます。都会の喧騒を忘れ、どこか懐かしさを感じさせてくれる、そんな魅力的な環境。

そんな、小岩駅のひっそりとした住宅街に建物はありました。建物の床は湿気で下地材が歪んでしまったのか、一部の傾きはありましたが、大工工事で修正できそうな程度で一安心。今回も施工途中に塗装工事とフロアタイル貼りなどのDIY体験会を行いました。

 

シェアハウス業界の現状

シェアハウスというと「外国人」というイメージを持たれるオーナー様も多いのではないのでしょうか?でも実は、ココミンカの運用実績において、およそ9割が日本人の20代~30代前半の社会人です。

2023年現在、首都圏の賃貸業の慣習として、家賃保証会社の加入を必須とする傾向があります。数多くの管理会社が家賃保証を必須とする理由は、①連帯保証人が取りにくくなっている ②管理業務の効率化 ③手数料収入 など、数々のメリットがあるから。もちろん家賃保証は連帯保証人になってくれそうな身内がいない方にも良い制度です。しかしながら、保証会社にも仕組み上に問題があります。

 

定職がないと家賃保証の審査を通過できない。

これは一見当たり前のことではあるのですが、仕事を探すために上京してくる地方からの転職者、外国籍の方にとっては死活問題です。なぜなら、就職活動するためにどうしても2,3ヶ月かかってしまうため、住所が必要となります。それなのに定職がないと家賃保証の審査が通らずに賃貸物件を借りることができない。まさに負のスパイラルです。

こうした理由もあって、就職活動するには、新幹線や飛行機などを利用して移動するか、1泊平均8000円するホテル住まいやマンスリーマンションへの入居、外国籍であれば入居斡旋する法人を利用することで、就職活動を進めます。残念ながら、本来出稼ぎに来ているはずの若い世代が高額な初期費用を払っている構造ができてしまっているのです。

 

その受け皿となっているのが、シェアハウス事業

シェアハウスでは短期間の定期借家契約(契約更新しない契約)が一般的です。定期借家契約を結ぶことで家賃滞納リスクを減らすことで、保証会社の審査の通らない出稼ぎ世代の入居を後押ししています。シェアハウスは家具家電も付いていますので、初期費用では20~30万、1泊平均1500円~2000円程度で住むことができ、一般的なアパートやマンション同様に住民票登録も可能です。

そんな理由もあって、シェアハウスは若い世代にはなくてはならない住空間になりつつあり、年々その数も増加傾向です。しかし、外国人への差別などは日本人オーナーの中には根強く、なかなか理解いただけない現状もあります。ココミンカでは外国人労働者の方にどうしたら「日本を好きになってもらえるのか?」ということをテーマに現在、新しい取り組みも始めております。こちらについてはまた別の機会にご報告させていただきます。

 

プランニング

延べ床面積は70㎡弱とシェアハウスにするにはぎりぎりのサイズでしたが、立地が良いこともあって20代~30代の女性をターゲットに女性専用シェアハウスとして企画しました。シェアハウスは女性の利用者が男性に比べて、圧倒的に多いことや衛生面、セキュリティ面などを考慮して、性別を統一。カラーデザインは女性に人気のサーモンピンクやライトグリーンのペールトーン。一歩足を踏み入れれば、デンマークシックな空間に。ホワイトやナチュラルな白木を基調とし、要所にブラックを使用し、かわいさの中にもきりっとした強さを感じるインテリア。長い人生の中でも、複数の仲間と暮らしをシェアできるのはほんの一時だからこそ、思い出に色濃く残る、住空間に仕上げました。

 

リノベーション&セッティング

今回は建物の状態が良かったため、ほぼ表層リフォーム(クロス、CF貼り、フロアタイルなど)と家具のセッティングのみ。工事もセッティング含めて2ヶ月程度で完了。リビングスペースのアクセントにチョークアートが描ける壁紙を採用し、地方から来てくれる入居者さんたちにむけて小岩の楽しい街並みを伝える一工夫。なるべくシンプルにスタイリッシュに使用する色は最低限にすることを心がけ、アクセントは使用する家具やインテリアで添えました。

 

女性専用シェアハウス KOIWA SHARE

◆ 女性専用シェアハウス 「KOIWA SHARE」 ※女性専用
◆ JR総武線 「小岩駅」 徒歩10分
◆ 延べ床面積 75㎡ 木造瓦葺2階建て
◆ 2017年12月OPEN
◆ 施工業者 ナイスホーム