空き家サポートってなに? そのサポート内容やその他の空き家活用例を紹介

空き家サポートの概要やサービス内容を詳しく知りたいという方も多いでしょう。そこで今回は、空き家サポートサービスの内容例について詳しく解説します。また、空き家を放置することによるリスクや空き家の活用方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

空き家サポートサービスとは?

空き家を所有している人の中には、“思い出の家だから売却したくない”というケースも少なくありません。しかし、遠方や仕事の都合などで空き家に訪れて管理することができない人も多いため、管理不全の空き家が増え続けています。
管理不全の空き家問題を解消できるのが、空き家サポートサービスです。空き家サポートサービスとは、「空き家の維持・管理を外部に有料で委託するサービス」です。空き家のハウスクリーニングや巡回などの管理を外部に依頼することができるので、手間をかけずに適切に空き家を管理することが可能です。

空き家問題についてさらに詳しく見る

管理不全空き家についてさらに詳しく見る

 

空き家サポートサービス内容の例

ここでは、例として空き家サポートサービスの主なサービス内容を紹介します。ただし、サービス内容は提供する会社によって異なることを覚えておきましょう。

 

ハウスクリーニング

空き家サポートサービスでは、空き家の簡易的な清掃(ハウスクリーニング)を行います。室内の清掃は、空き家のほこりやカビなどを防ぐ効果があるため、空き家の老朽化を防ぐためには必ず行わなければならない作業のひとつです。
簡易的なハウスクリーニングの内容としては、空き家の内部の掃き掃除や掃除機・モップ掛け、玄関の掃き掃除などが挙げられます。空き家サポートサービスのオプションによって、本格的なハウスクリーニングなどを行うことも可能です。

 

空き家巡回

空き家を放置していると、空き巣や不法侵入、放火など犯罪に巻き込まれる可能性があります。
犯罪に巻き込まれる可能性を減らすために必要なのは、「空き家の巡回」です。定期的に巡回されている空き家は、侵入者や犯罪者が利用することが難しくなるため、犯罪に巻き込まれるリスクを低くすることができます。
また、人が訪れる家には、害獣なども近寄りがたくなるメリットがあります。

 

雨漏り点検

雨漏りを放置していると、家の湿気やカビの発生源となり、建物の強度を下げる原因となる恐れがあります。そのため、雨漏りが起きた場合には、すぐにメンテナンスを行わなければなりません。
しかし、空き家を訪れることがない場合、空き家に気付くことができず対処が遅れてしまう可能性が高いです。
空き家サポートサービスを利用することで、雨漏りなどのトラブルにすぐに気付くことができるので、空き家の劣化を防ぐことが可能です。

 

通水・漏水確認

空き家サポートサービスでは、通水・漏水確認を行います。「空き家なら水道を止めてもいいんじゃないの?」と考える人も少なくありません。
しかし、空き家の通水や漏水確認も空き家管理には欠かせないポイントです。通水を行わなければ、水道管の錆びや破損・封水トラップ内の水がなくなることによる悪臭の原因となり、漏水している場合には金銭的に大きな負担がかかります。そのため、空き家はしっかりと通水を行い、漏水していないか確認することが重要です。

 

郵便受け確認

住宅には人の有無に関わらず、郵便物やDM、チラシなどさまざまなものが郵便受けに投函されるのが一般的です。郵便受けが管理されていない家は、郵便受けがいっぱいになってしまうため、周りから「人が住んでいない」と判断される原因になります。
人が住んでいない家は、空き巣や不法侵入、放火など犯罪に巻き込まれる恐れがあります。そのため、郵便受けは郵便物やDM、チラシなどを溜めないように、しっかりと管理する必要があります。

 

排水管洗浄

排水管は、キッチンの油や食べカス、浴室の髪の毛・石鹸カスなどを含む汚水を流す設備です。これらは、悪臭の原因となるとともに、雑菌やコバエなどの害虫の発生源となってしまう可能性があります。
あまり水が流れなくなった空き家では、排水管の環境が、人が住んでいる場合よりも悪化している恐れもあります。その場合には、排水管洗浄を行うことで、悪臭や雑菌・害虫を防ぐことが可能です。空き家の悪臭や害虫などが気になる場合には、空き家サポートサービスに相談して、排水管洗浄を行いましょう。

 

活用方法決定のサポート

空き家サポートサービスでは、空き家をそのまま維持するだけでなく、「空き家を活用する」ことを勧めることもあります。
空き家サポートサービスは、有料で空き家の維持・管理を行うためのサービスです。お金を支払って維持管理を続けるよりも、不要な空き家であれば売却や貸し出すなど空き家を活用する方が、メリットが大きいケースも多くあります。
空き家の所有者の意志を事前にしっかりと確認して、空き家の活用を決められた場合には、さまざまな活用方法を提案して活用方法決定のサポートを行います。

 

活用後のサポート

空き家の活用方法を決定したら、空き家活用後までサポートしてくれる場合もあります。
空き家の活用方法には「空き家の売却」「空き家を活かした賃貸経営」「解体して土地活用」などがあります。空き家の売却や賃貸経営サポートがある会社もあるので、空き家活用を検討している場合にはそれらのサポートがある会社を選ぶとよいでしょう。
しかし、空き家サポートサービスは会社・業者によっては悪質なところもあるので、契約前に信頼できるか否か見極めることが大切です。

 

空き家を放置することによるリスクとは?

空き家を放置してしまうとさまざまなリスクを負うことになってしまいます。あとから悔いることのないよう、空き家を放置することによるリスクをしっかりと理解しておきましょう。主なリスクとして以下のようなものが挙げられます。

  • 価値が下がり続ける
  • 放火や侵入など犯罪に巻き込まれる可能性がある
  • 近隣住民とのトラブルになることも

 

価値が下がり続ける

空き家を放置する最大のリスクは、資産価値が下がり続けることです。人が住んでいない家は、換気や清掃など適切な管理をしないと、あっという間に老朽化が進んでしまいます。
老朽化が進んだ空き家は資産価値が下がり、売却時に高値で売れないことはもちろん、買い手を探すのが難しくなってしまう恐れもあります。
その場合は、売却価格を下げなければならなかったり、空き家を解体する必要がでたりなど、金銭的にダメージを受けることを覚えておきましょう。

 

放火や侵入など犯罪に巻き込まれる可能性がある

空き家を放置してしまうと、放火や侵入など犯罪に巻き込まれるリスクを負うことになります。
人気のない空き家は、燃えやすい雑草やゴミなどが放置されていることも多く、放火のターゲットにされてしまう可能性が高まります。
また、人の目が届かない環境のため、不法な侵入を防ぐことができずに、ガラスや鍵などを破壊されたり、内部を荒らされたりする恐れもあります。
さらに、そのまま不審者が滞在してしまい、犯罪拠点として使用されるなどのトラブルに発展してしまう危険性もあるので、注意が必要です。

 

近隣住民とのトラブルになることも

空き家の放置は、さまざまな要因から近隣住民とのトラブルになることもあります。空き家の老朽化による建物の倒壊や害獣・害虫被害、景観の悪化などが原因となります。
空き家の管理に関するクレームはもちろん、話しがこじれてしまうと近隣住民とのトラブルに発展してしまいます。また、建物の倒壊や火災の延焼などによって、近隣住民を傷付けてしまった場合には、損害賠償を請求されるケースもあります。

 

特定空き家に指定されると罰金となる可能性

空き家を放置すると「特定空き家」に指定されるリスクがあります。特定空き家とは、保安上危険・衛生上有害・景観の悪化・近隣住民の迷惑になると自治体が判断した空き家です。
特定空き家に指定されてしまうと、固定資産税の特例対象から除外されてしまうだけでなく、自治体から「命令」を受けて改善しない場合には50万円以下の罰金を課される可能性もあります。
最終的には、行政代執行が行われて、その費用を請求されてしまう恐れがあるので、十分に注意しましょう。

空き家対策措置法についてさらに詳しく見る

 

空き家の活用方法例

空き家を放置して、さまざまなリスクを負うくらいなら、空き家を活用することをおすすめします。空き家の活用方法には主に、以下のようなものがあります。

  • 賃貸経営
  • 売却する
  • 解体して土地活用

 

賃貸経営

賃貸経営は、立地やロケーションに優れている空き家におすすめです。築年数が浅い空き家であれば、それほど手を加えることなく賃貸に出すことができるので、手間もかからず安定した収入を手にできるメリットがあります。
しかし、地方の中古物件などの場合は、需要が少ないため、借り手がつきにくいのが難点です。
また、築年数が長い空き家の場合は、リフォームやリノベーションをする必要があるため、金銭的にも大きな負担になってしまう可能性もあります。
賃貸経営では、借り手が見つからないと収入がゼロになってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

売却する

空き家を売却することで、空き家のリスクを一気に解消することができるため、空き家問題に頭を悩ませている方におすすめです。空き家を売却することによって、空き家の管理から開放されて、空き家を現金化することができるメリットがあります。
ただし、空き家売却のためのハウスクリーニング費用や仲介手数料、登記費用などの費用がかかってしまうデメリットもあります。
売却の注意点として、空き家を必ず売却できるとは限らず、空き