空き家の管理頻度はどのくらいがいい? 管理方法と適切な頻度の目安を解説します!

空き家を所有している場合や、空き家の管理を任された場合、責任もってきちんと管理したいと思うことでしょう。そこで今回は、空き家の適切な管理頻度や方法について解説します。管理ができない場合のリスクと対策について解説します。

 

空き家管理の適切な頻度目安

空き家管理をするのに適切な頻度目安は、1か月に一度です。1か月以上経過すると、水道管に問題が発生したり、カビが発生したりするリスクが高くなります。さらに、ゴミが溜まるため、外観も悪くなります。1か月に一度、定期的に管理していることで、1回の掃除の負担も少なくなります。できるなら1か月に一度、定期的に訪問し管理することを目指しましょう。

 

空き家管理でやるべきここと頻度

空き家の管理をするときには、次のことを特に注意して行いましょう。それぞれの押さえておきたいポイントや、管理頻度について詳しく解説します。

  • 掃除
  • 換気
  • 庭の木や雑草の手入れ
  • 老朽箇所の修繕
  • 通水

 

掃除

空き家の掃除は、1か月に一度の頻度で行いましょう。1か月に一度掃除をすることで、ほこりが床や棚にこびりつくのを防げます。ほこりが溜まると、害虫がよってくる原因になるため、定期的に清潔にすることは欠かせません。掃除をする前にまず、家中の窓を開けて換気しましょう。そして、カビが発生している場所がないかをチェックしてください。掃除自体は、掃除機をかけたり、から拭きしたりと簡単な掃除で構いません。水拭きすると、完全に乾くまで窓を閉められないので、急いでいるときは特にから拭きの方が向いています。

古民家の掃除についてさらに詳しく見る

 

換気

換気は1か月に一度の頻度で、最低1時間は行いましょう。家中の窓を開けるだけでなく、棚や部屋、お風呂など家中の扉を開けて風通しをよくしてください。日本の気候は、高温多湿の特徴があり、換気を怠るとカビが発生したり、木材が腐敗したりする原因になるからです。木材が腐敗すると、修繕しなければならず、修繕費が発生します。管理費用を抑えるためにも換気は欠かせません。特に靴箱や押入れなどは湿気が溜まりやすく、カビやすい箇所ですので意識して換気しましょう。

 

庭の木や雑草の手入れ

庭がある空き家は、庭の木や雑草の手入れも必要です。雑草を抜いたり、伸びてきた木の枝を落としたりします。特に春から夏にかけて、木や雑草が成長する時期は、最低でも1か月に一度は手入れをしましょう。
庭に雑草が生えたまま、荒れ放題の状態だと、家の中の状態が確認しづらくなります。結果的に、放火や犯罪者の隠れ家になるなど、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

また、木が伸び放題になっていると、近隣の家や道路に入り込みます。近所迷惑になったり、通行者の妨げになったりする可能性が出てくるでしょう。犯罪や近隣トラブルのリスクを減らすためにも、庭の管理は重要です。

 

老朽箇所の修繕

1か月に一度の管理の際、老朽している箇所に気付いたなら修繕しましょう。老朽化書の修繕頻度は、特になく、問題を見つけたときは早急な対処が重要です。例えば、瓦がずれていたり、雨漏りの箇所を見つけたり、水道のゴムパッキンが劣化していたりする問題が見つかるかもしれません。問題が小さなうちに対処しておくと、費用も安く、工事期間も短く収まるでしょう。
一方で、問題を放置していると大きな問題に発生する可能性も否定できません。結果的に高額な修理費用を払う必要が生じるでしょう。

 

通水

通水とは、蛇口の水(シャワーも含まれる)から水を出す作業のことです。トイレ、お風呂、台所、洗面所など水道の蛇口をひねって、水を出してください。通水の頻度は、1か月に一度、最低1分です。通水することで、下水から悪臭がしたり、排水口から害虫が侵入したりするのを防げます。
さらに水道管が錆びたり、ゴムパッキンが劣化したりするのを防ぎやすくなるでしょう。通水した後、家を出るときには、必ず蛇口を閉めることを忘れないようにしましょう。

 

適切な頻度で管理できない場合は「空き家管理サービス」という手段

1か月に一度、きちんと管理したいと思っていても、どうしても難しい状況があるでしょう。
例えば「空き家を所有している場所と、住んでいる場所が離れている」「仕事で忙しい」などの理由で、適切な頻度で空き家の管理ができない方は大勢います。適切な頻度で、空き家を管理するのが難しいなら「空き家管理サービス」という選択肢もあります。

 

空き家管理サービスとは?

空き家管理サービスとは、専用の業者や不動産会社などの業者に、空き家の管理を任せられるサービスです。空き家管理サービスの内容は、会社や選んだプランによって異なります。例えば、外観の巡回やゴミや郵便物のチェックなど外観のみの管理を行うサービスや、家の中の掃除や通水、換気なども含めたサービスなどがあります。プロによってポイントを絞った家の管理をしてもらえるため、安心です。空き家の劣化を防ぎ、清潔な状態を保てるでしょう。

 

空き家管理サービスの相場

空き家管理サービスの費用は、管理会社や選んだプランによって異なります。一般的な相場は、1か月に1度60分の管理を委託する場合、5,000円〜1万円程度が相場です。一軒家かマンションかによっても値段は変わり、一般的にマンションの方が安い傾向にあります。家の大きさや、庭の有無などによっても値段は異なります。さらに、オプションをつける場合は、値段が高くなるでしょう。費用はもちろんですが、サービス内容が希望するものと一致しているかを確認して、業者を決めましょう。

 

空き家を管理せず放置するリスク

空き家の管理に頻繁に通うのは大変なので、つい放置したくなるかもしれません。しかし、空き家を放置することには大きなリスクが伴います。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 近隣住宅とのトラブルになる
  • 侵入や放火など犯罪に巻き込まれる
  • 老朽化が進み価値が下がり続ける

 

近隣住宅とのトラブルになる

空き家を放置すると、近隣住宅とのトラブルになるリスクが高くなります。例えば、庭の雑草や木が生い茂り近隣住宅にまで侵入する可能性が高くなるでしょう。また、劣化した建物が崩壊したり、暴風雨で瓦や家の破片が飛んだりする危険もあります。その結果、近隣の家を破損させたり、人を傷つけたりするリスクがあるのです。場合によっては、賠償問題にもなりかねません。

 

侵入や放火など犯罪に巻き込まれる

空き家を放置した状態にしていると、侵入や放火などの犯罪に巻き込まれるリスクも高くなります。例えば、庭が荒れ放題だと、視界が悪くなるため犯罪者の隠れ家になったり、犯罪の現場になったりする可能性があります。また、誰も管理していない状態の家は放火の対象になりやすいです。家が全焼したり、近隣に被害が及んだりして大惨事になることも考えられます。そのため、犯罪者に目をつけられないように、管理の行き届いた状態にしておく必要があります。

 

老朽化が進み価値が下がり続ける

管理を怠ると、空き家に湿気がこもったり、ほこりが溜まったりするため、一気に劣化が進みます。例えば、カビが大発生したり、木材が腐敗したり、雨漏りがひどくなったりする可能性が高くなるでしょう。老朽化が進んだ家は、資産価値が下がります。空き家を売却することが決まったときに、状態が悪いと高く売れません。資産価値を下げないためにも、管理の行き届いた状態でキープしておくことは大切です。

 

管理できない空き家は早めの活用がおすすめ!

空き家は定期的に通って管理をしなければなりません。しかし、自分で空き家の管理をするのも、業者に委託するのも費用面で悩ましい場合もあるでしょう。管理できない空き家は、不動産会社などのプロに相談しつつ、早いうちに活用してしまうのがおすすめです。
代表的な活用方法には以下のようなものがあります。

  • 売却する
  • 解体して土地活用する
  • 賃貸経営する

 

売却する

将来的に空き家に住む予定がない場合は、資産価値が下がらないうちに空き家を売却することを検討できます。空き家を売却する方法は、手を入れずにそのまま売却する方法、リノベーションやリフォームなど修繕した後で売約する方法、更地にして売却する方法があります。
手を入れずにそのまま売却する場合の利点は、所有者側の負担がかからないことです。しかし、建物が劣化していると、なかなか売却できないこともあります。修繕したり更地にしたりすると、費用がかかりますが早く売れる可能性が高くなるでしょう。

 

解体して土地活用する

建物自体を解体して土地を利用するのも、空き家を活用する方法です。最も簡単なのは、更地にした後で駐車場にすることです。駐車状態として入ってくる収入はそれほど高くないものの、駐車場を整備する負担もそれほどかかりません。将来的に土地を売る希望がある場合は、売却するまでの間、効率的に収入を得る方法となるでしょう。
とはいえ、駐車場の需要がある場所か、車が何台くらい入るかなどを考慮して計画を進めることも大切です。

空き家解体の際に使える補助金について見る

 

賃貸経営する

空き家を貸し出して賃貸経営することも考慮できます。家としてそのまま貸し出す場合や、リノベーションして貸し出す場合などがあります。リノベーションして貸し出す場合、介護施設、シェアハウス、民泊、カフェ、オフィスなどいろいろな使い道が考えられるでしょう。特に、介護施設は全国的に需要が高いですし、古民家を改装した古民家カフェや古民家風のシェアハウスも大人気です。工夫次第で、高い収入を得られる可能性も否定できません。
とはいえ、賃貸経営をするためには、リノベーションのための費用が必要です。また、経営知識とノウハウを熟知していなければなりません。素人がいきなり手を出すには、ハ