実家が空き家になったらどうする? その活用方法や放置するリスクなど、空き家になるケースも踏まえ解説

もともと両親が住んでいた実家が、事情によって空き家になってしまうケースは少なくありません。しかし、実家が空き家になってしまったとき、その後どうするのが正解なのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回は、実家が空き家になったときの対処法や活用について、詳しく解説していきます。

 

実家が空き家になるケースとは?

まずは、実家が空き家になる主なケースを2つ挙げて、解説していきます。

 

ご両親が亡くなったケース

最もよくあるケースといえるのが、実家に住んでいた両親が亡くなってしまった場合です。実家で子が両親と同居をしていない限り、両親が亡くなってしまえば実家に住む人はいなくなります。そのため、実家に住む両親が高齢であったり、病気を患っていたりする場合は、今後空き家となる可能性があるとことを理解しておきましょう。

 

ご両親が施設に入るなど健在で空き家になるケース

実家に住んでいる両親が健在の場合でも、年齢を重ねて介護施設などに入所することによって、空き家となるケースも少なくありません。子と同居せずに実家で暮らしている両親が高齢になってくると、どうしても生活するうえで介護が必要となってくるシーンは増えてきます。ある程度元気なうちに施設に入るという決断をする人も多いので、それによって実家が空き家となることもよくあると覚えておきましょう。

 

実家が空き家になった際の活用方法

実際に実家が空き家になってしまったとき、どのように活用するべきなのか悩むケースは多いでしょう。ここでは、空き家になった実家の主な活用方法を解説していきます。

  • 賃貸として貸し出す
  • 売却する
  • 解体して土地活用
  • 自分たちで住む

 

賃貸として貸し出す

実家を手放したくない場合は、賃貸として人に貸し出すという活用方法があります。賃貸として貸し出せば、実家を手放すことなく家賃収入として収益をあげることができるので、得られるメリットは大きいでしょう。

ただし、賃貸経営を始めるためには、ある程度のリフォーム費用をかけなければならない可能性があります。また、すぐに借り手が見つかるとは限らず、場合によっては空室期間が長くなってしまい予定通りに収益が得られないといったリスクもあるので、注意が必要です。

 

売却する

空き家となった実家を手放すことに抵抗がない場合は、売却するという方法もよいでしょう。実家を売却すれば、まとまった金額の売却金を受け取ることができます。また、売却してしまえば、その後のメンテナンスなどをする必要もなくなるため、実家を維持する手間やコストから解放されるという点も、メリットに感じる人は多いかもしれません。ただし、売却するためにはさまざまな手続きが必要となるうえ、売却完了までに時間がかかってしまうケースも多いということも、理解しておいたほうがよいでしょう。

空き家売却の手順やデメリット・注意点について

 

解体して土地活用

実家のメンテナンスに手間や費用はかけたくないものの、定期的な収益を得られるような活用がしたいという場合は、実家を解体して更地にし、土地活用を始めるという方法もあります。
例えば、月極の駐車場やコインパーキングとして活用したり、資材置き場として貸し出したりすることもできるでしょう。土地としての活用なら、建物を残したまま人に貸し出すよりも、管理の手間は大幅に抑えられるでしょう。

ただし、建物を解体する際には、高額な解体費用がかかる可能性が高いので、事前に金額を確認しておく必要があります。

空き家の解体費用がない場合の対処について見る

 

自分たちで住む

最もシンプルかつ手間のかからない活用方法として、自分たちが実家に住むという方法もあります。空き家となった実家に自らが住むことになれば、自分たちが引っ越すための手間がかかるだけで、その他の面倒な手続きなどは必要ありません。

ただし、自分たちで住むためにリフォームやリノベーションを行う必要があることも多く、費用が掛かる可能性が高いでしょう。また、勤め先との距離や子供の学校のことなどを考えると、なかなか簡単に引っ越せないケースもあります。現在の住まいと実家との距離が近い場合などは、この方法を検討してみてもよいかもしれません。

空き家のリノベーション費用相場や注意点

 

空き家の実家を放置するリスク

実家が空き家となってしまうと、ついつい放置してしまうケースも多いかもしれません。しかし、空き家の実家を放置するのは非常にリスクが高いため、避けましょう。
実家の空き家を放置するリスクには以下のようなものが挙げられます。

  • 犯罪に巻き込まれる
  • 価値が下がっていく
  • 近隣住民とトラブルになる
  • 罰金を科せられることもある

 

犯罪に巻き込まれる

空き家となった実家を放置してしまうと、知らないうちに犯罪に巻き込まれる危険性が高まります。例えば、放火や不法投棄の場とされてしまったり、違法取引の現場として悪用されてしまったりするケースは実際によくあります。
空き家となった実家を放置したことでこのようなことが起きてしまうと、放置した人の責任が問われることにもなりかねないため、注意が必要です。

 

価値が下がっていく

実家を空き家の状態のまま放置すると、老朽化が進むスピードが早くなり、建物としての価値がどんどん下がっていってしまいます。一般的に、住宅は人に使われていない状態が長く続くと劣化が著しく進んでいき、最悪の場合倒壊に至る可能性も否定できません。
また、建物としての価値が下がっていけば、いずれ売却しようとしても買い手がつかず、将来的に大きな後悔へと繋がってしまうかもしれないということも、理解しておきましょう。

 

近隣住民とトラブルになる

空き家の実家を放置することで、近隣住民とトラブルになるリスクも非常に高いでしょう。例えば、空き家となった実家に害虫が大量発生して近隣住民へ迷惑をかけたり、不法投棄が相次いで悪臭を発生させたりするケースはとても多くあります。
また、不衛生な空き家が近くにあるというだけで、近隣の住宅の価値まで下げてしまうこともあり、大きなトラブルへと発展する可能性があります。

 

罰金を科せられることもある

空き家の実家を放置し続けることで、罰金を科せられてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。空き家を放置し、周囲へ与える悪影響が著しいと判断されると、特定空き家として認定される場合があります。特定空き家に認定された場合、行政からの改善命令を受けることとなり、それを無視してしまうと罰金が科せられてしまいます。そうならないためにも、空き家の実家は放置せず、速やかに適切な対処を行うことが非常に重要といえるでしょう。

空き家対策特別措置法について詳しく知っておく

 

実家の空き家を管理する方法と維持費

実家が空き家となってしまったとき、管理の方法や適切に維持するためにかかる費用について知りたいという人は多いでしょう。空き家の管理で最も大切なのは、定期的に空き家を訪れることです。

例えば、簡単な清掃をして衛生面を保ったり、水道の水を流して内部に錆や汚れが溜まらないようにしたりすることは重要です。実家が遠方である場合などは、代わりに管理を行ってくれる空き家管理サービスを利用するのもよいでしょう。

また、空き家を維持するためにかかる費用は、年間で20~50万円程度が目安となっています。具体的には、税金や保険代、メンテナンス代などが含まれます。ただし、家の広さや状態によって変わります。

 

実家の空き家は相続放棄できる?

実家の空き家で相続が発生したとき、相続放棄することは可能なのか、気になる方もいるでしょう。実際のところ、実家の空き家を相続放棄すること自体は可能です。しかし、相続放棄したとしても、次の所有者が決定するまでは、空き家を管理する責任を負わなければならないため、注意が必要です。そのため、実家の空き家を相続放棄したからといって、空き家を一切管理しなくてよくなるということにはなりません。

ただし、共同相続人がいて、自分以外の相続人が実家を相続する場合であれば、相続放棄して管理責任も負わずに済むというケースもあります。

空き家の相続放棄についてさらに詳しく知っておく

 

空き家活用は早めの活用が安心!お悩みの方は「フリーノベーション」がおすすめ

実家が空き家となり、ど