空き家のリノベーション費用相場は? メリット・デメリット、補助金、事例まで詳しく解説!

空き家を活用する前に「リノベーションをしよう」と考えている方もいるでしょう。今回は、空き家のリノベーションについて費用相場からメリット・デメリット、補助金例について詳しく解説します。空き家のリノベーション事例も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

空き家のリノベーション費用相場

空き家のリノベーションをする時に気になるのが、リノベーションにかかる費用でしょう。
一戸建ての空き家の全面的なリノベーションにかかる費用相場は、「500〜2,000万円程度」です。また、壁紙や床の交換や、トイレ・バスルーム・キッチンといった水回りなど部分的なリノベーションであれば、「数十万円~500万円程度」が費用の相場目安です。
ただし、空き家の築年数や劣化具合、どこまでリノベーションするかなどよって費用が異なることを覚えておきましょう。

 

空き家をリノベーションするメリット

空き家をリノベーションするメリットには以下のようなものがあります。1つずつ詳しく解説していきます。

  • 空き家の資産価値が上がる
  • 倒壊や劣化を防げる
  • リノベーションしてビジネス活用もできる

 

空き家の資産価値が上がる

空き家はもちろん、築年数が経つにつれて資産価値が下がっていきます。もし、空き家売却を検討していても、放置によって劣化してしまうとよほど魅力的な立地でなければ、買い手がつかない可能性も高いでしょう。
しかし、空き家を放置せず管理している場合、リノベーションをすることによって資産価値が上がる可能性もあります。資産価値が上がれば、売却しやすくなります。そのため、空き家は放置せず管理し、住む予定がない方は早めに対処するのがおすすめです。

 

倒壊や劣化を防げる

家は、人が住まなくなると急速に傷んでしまいます。その理由には、空気の入れ替えが行われないことやトラブルに気付きにくいこと、メンテナンスが行き届かないことなどが挙げられます。そのため、空き家はどんどん劣化して、地震などの自然災害で、倒壊してしまうリスクも高くなるのです。
しかし、空き家をリノベーションすることによって、空き家が綺麗になるのはもちろん、耐久性や耐震性をアップさせることができます。

 

リノベーションしてビジネス活用もできる

空き家のリノベーションは、自らが暮らすために行うケースが多いですが、ビジネス活用もできるというメリットがあります。空き家のビジネス活用といえば、賃貸として貸し出すのが一般的ですが、それ以外にもさまざまなビジネス活用の選択肢があるのです。

  • シェアハウス
  • 旅行者向けの民泊
  • 古民家カフェなどのお店をオープンなど

空き家は低価格で購入できることも多いので、リノベーションをした場合でも、費用を抑えながら、より魅力のある空間をつくることも可能です。

 

空き家をリノベーションするデメリット・注意点

空き家をリノベーションするのには、いくつかのデメリットや注意点があるので知っておきましょう。

  • 費用がかかる
  • リノベーション業者が多く選定に手間がかかる
  • ビジネスの場合成功するとは限らない

ここでは、空き家をリノベーションする3つのデメリット・注意点についてお話しします。

 

費用がかかる

空き家をリノベーションする最大のデメリットは、費用がかかってしまうことでしょう。
空き家の状態によっては、想定以上に高額な費用がかかってしまうこともあります。築年数が経っている空き家の場合は、修繕しなければならない箇所も多く、費用が高額になりがちです。修繕箇所が多い場合には、フルリノベーションが必要となることもあります。
また、空き家の状態によっても異なりますが、一度空き家を解体し、住宅を立て直す方が費用を抑えられるケースもあることを覚えておきましょう。

 

リノベーション業者が多く選定に手間がかかる

リノベーションを決意した時に、まずすべきことはリノベーション業者の選定です。しかし、リノベーション業者は多くあり、選定に手間がかかってしまうというデメリットもあります。
しかし、手間がかかってしまうからといって、時間をかけずにリノベーション業者を選んでしまうと、リノベーションをしたあとに「こんなはずじゃなかった」と後悔や失敗したと感じてしまうこともあります。
後悔をしないためには、リノベーション業者の実績や実際の口コミ、見積もりなどを含めて慎重にリノベーション業者を見極めましょう。

 

ビジネスの場合成功するとは限らない

空き家をリノベーションするメリットでお話ししましたが、空き家はリノベーションしてビジネス活用ができます。しかし、空き家をリノベーションしたことによって、より綺麗で魅力的な物件になった場合でも、ビジネスとして成功するとは限りません。成功しなかった場合、空き家の購入費用やリノベーションにかかった費用がそのまま負債となってしまうケースもあることを覚えておきましょう。

 

空き家リノベーションの補助金例

空き家のリノベーションは、補助金を受蹴られる可能性があります。ここからは、具体的に空き家リノベーションの補助金例を紹介します。

  • 八王子市空き家利活用促進整備補助金(東京都八王子市)
    八王子市空き家利活用促進整備補助金は、空き家の活用を目的として、空き家の改修工事に要する費用の一部を補助する制度です。
    また、空き家の改修工事を八王子市の施工業者が行うことで、地域経済のさらなる活性化を目指しています。
    【補助額】補助対象工事費の3分の2 以内【補助上限額】1個当たり上限100万円
  • 八尾市提案型空家等利活用促進補助制度(大阪府八尾市)
    八尾市提案型空家等利活用促進補助制度は、空き家の利用・活用を促し、定住や地域活性化を目的とした制度です。
    空家等の取得・改修工事に要する費用の一部を負担します。
    【補助上限額】200万円

空き家を解体する場合の補助金についても知っておく

 

空き家のリノベーション事例

「実際にリノベーションを行い、成功した事例を知りたい」という人も多いでしょう。ここでは、弊社サービス「フリーノベーション」でのリノベーション事例を3つ紹介します。

 

【事例】空き家をリノベーションして賃貸として貸出

空き家を活用し「DIY可能型賃貸」へ。通常の賃貸では、自分好みにDIYやリフォームができる物件はほとんどありません。しかし、空き家を活用し、DIY可能型賃貸をつくることで、1人ひとりのニーズに合わせて、お部屋をカスタマイズできる空間をつくりあげました。生活するうえで、非常に重要となる水道やガスなどの設備もリノベーションし、安心して借主さんが空間づくりを楽しめる物件へと生まれ変わりました。

 

【事例】空き家をリノベーションしてシェアハウスへ