古民家の値段の目安は? 費用を抑えて古民家を手に入れる方法もばっちり解説

「古民家の値段の目安が知りたい」とお悩みの方もいるでしょう。そこで今回は、不動産価格の決まり方から古民家の値段の目安まで詳しく解説していきます。費用を抑えて古民家を手に入れる方法、古民家のリノベーション物件事例についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

古民家の値段目安は?

古民家を購入する場合、値段の目安が気になりますよね。古民家の値段目安を知るためには、不動産価格がどのように値段が決まるのかを理解することが大切です。ここでは、不動産価格の決まり方と古民家の値段の目安について解説します。

 

そもそも不動産価格はどう決まるの?

不動産は、不動産鑑定によって土地や建物を活用した際の適切な価格を導き出すことができます。
不動産鑑定には、以下の3つの方法が用いられます。

  • 収益還元法
  • 原価法
  • 取引事例比較法

【収益還元法】収益用不動産の評価
将来的に期待できる利益をベースにして不動産価格を算出する方法です。
収益還元法は、「直接還元法」「DCF法」の2つの算出方法があります。

【原価法】戸建ての建物部分の評価
対象の不動産を再建築した場合の原価(再調達原価)から、減価修正を行い、不動産価格を算出する方法です。

  • 原価修正=残耐用年数(耐用年数築年数)÷耐用年数
  • 積算価格 = 再調達原価−減価額(減価修正)

【取引事例比較法】土地・マンションの評価
対象の不動産と類似した物件の取引事例を参考に不動産価格を算出する方法です。
この時使用される事例は、販売価格ではなく成約価格であるのもポイントです。

 

古民家の価格目安

古民家の購入価格の目安は、80~500万円程度で、比較的手の届きやすい価格設定です。
ただし、古民家は場所や状態によって大きく変動し、場合によっては一千万円を超える価格の古民家もあります。
近年では、古民家の需要が高まっており、価格がつきやすくなっていることを覚えておきましょう。

【古民家の需要が高まる理由】

  • 伝統的な美しさ
  • 深い趣
  • 自然豊かな立地
  • 自然素材を使った建築で身体にも優しい
  • 歴史的な資産

近年は古民家を安く購入し、民宿やカフェ、賃貸としてビジネス活用をしている人も多くいます。

古民家ビジネスについてさらに詳しく知っておく

 

費用を抑えて古民家を手に入れるための方法

魅力的な古民家を、費用を抑えた上で、手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか?例えば、以下のような方法があります。

  • リノベーション・リフォーム前提で購入する
  • 無償で譲り受ける
  • 古民家の賃貸やシェアハウスもある

 

リノベーション・リフォーム前提で購入する

費用を抑えて古民家を購入するためには、リノベーション・リフォーム前提で購入するのがおすすめです。
リノベーション・リフォームがされている、設備が新しいなどの条件の良い古民家は、他の古民家と比べて購入費用が高額になってしまいます。しかし、リノベーション・リフォームがされていない古民家であれば、比較的費用を抑えて購入することが可能です。
現代では、技術が向上しているので、これから古民家をあなたの好みにリノベーションやリフォームをされるのもよいでしょう。

古民家のリノベーションついてさらに詳しく見る

古民家のリフォームついてさらに詳しく見る

 

無償で譲り受ける

古民家を、費用を抑えて手に入れる方法として無償で譲り受けるという選択肢もあります。
近年空き家の増加が深刻化しており、打開策として市町村で古民家の無料譲渡を実施していることがあります。
しかし、無償で譲り受けるためには、条件が設定されていることもあるので、注意が必要です。
また、無償で譲り受けることができるからといって、すべてが無料ではありません。
登記費用や税金、リフォーム・リノベーションなどの費用は必要となってしまうことを覚えておきましょう。

 

古民家の賃貸やシェアハウスもある

古民家に住みたいという場合は、購入するのではなく“借りる”というのもひとつの選択肢です。
現代では、古民家の賃貸やシェアハウスも増えており、古民家を購入するよりもお得に古民家に住むことができます。
賃貸やシェアハウスであれば、「やっぱり合わないかも……」という場合は、気軽に引越すことができるメリットがあります。シェアハウスであれば、初めて暮らす土地であっても住民同士でコミュニケーションが取れることも嬉しいポイントです。

 

古民家リノベーション物件事例

古民家をビジネス活用したいと考えている人もいるでしょう。もし、古民家のリノベーションをしたら、どのように活用することができるのでしょうか?ここでは、古民家のリノベーション物件事例を3つ紹介します。

 

シェアハウスにリノベーション

古民家をシェアハウスにリノベーションする事例があります。古民家は、比較的空間が広々としているので、シェアハウスへの活用も可能です。“田舎暮らし”に憧れている人も多く、住宅を購入するよりも費用を抑えることのできるシェアハウスは多くの人から注目を集めています。

シェアハウスの運営は、通常の賃貸経営よりも費用対効果が高く、空室リスクを分散できるというメリットがあります。

事例:古民家シェアハウス「 ナカノコミチ」

事例:古民家シェアハウス「仲な家 -naka naka-」

 

レンタルスペースにリノベーション

古民家をレンタルスペースにリノベーションした事例があります。多くの人が利用できるような立地にある古民家のリノベーションにおすすめです。

レンタルスペースとは、時間でスペースを提供するサービスです。レンタルスペースは、低コスト・低リスクで経営できるメリットがあります。レンタルスペースを紹介する情報サイトも掲載料が無料であることがほとんどなので、広告費も抑えることができるのもポイントです。

 

民泊にリノベーション

古民家をレンタルスペースにリノベーションした事例があります。
2018年6月に施行された「住宅宿泊事業法(民泊新法)」によって「民宿」が始めやすくなりました。
現代では宿泊施設不足が問題視されており、民宿は宿泊施設不足解消のために注目されているビジネスのひとつでもあります。

民宿の最大のメリットは、不労所得をつくれること。民宿は、代行業者に運営を依頼することで、施設管理・トラブルの対応などを任せることも可能です。

古民家ビジネスについてさらに詳しく知っておく

 

不要な古民家をお持ちの方は「フリーノベーション」での活用がおすすめ