雰囲気抜群の戸建てを活用! 古民家シェアハウス「仲な家 -naka naka-」

昔は10人兄弟が住んでいた立派な戸建ては時代の流れとともに住む人がいなくなり、しだいに建物は劣化し、雨漏りや損傷がひどく、やがて倉庫としてしか利用ができなくなってしまった。ココミンガが現地を調査した時には、すでに建物はまりものようにツタで覆われてしまっていた。庭も荒れ果ててジャングルのような状態。蚊も大量に発生していた。

 

現地調査

空き家は数年かけて少しずつ劣化することもあれば、1年程度で劣化してしまうケースもある。古民家シェアハウス「仲な家 -naka naka-」も数年間倉庫として、さまざまな業者に利用されていたが窓ガラスの割れや雨漏りなどはずっと放置されてしまい、建築当時は豪華であったはずの建物の内装もすこしずつ劣化していってしまったようであった。

長年放置されてしまった雨漏りで腐ってしまった畳

 

ジャングルとなってしまった中庭

数年住宅として利用されていなかったために、水道設備や電気設備もほとんど利用できなくなっており、ココミンカのリノベーション担当スタッフも「これは高額なリノベーション費用がかかってくる」とすぐに感じたが、各部屋さまざまに装飾された天井や石張りのお風呂など、昭和レトロな雰囲気をどうにか生かせないかとすぐにオーナー向けの提案資料を作成。女性専用の古民家シェアハウスにリノベーションしたいとオーナーや管理会社に提案した。古い住宅の良さを生かす「古民家再生」というワードに興味を持っていただいたようでとんとん拍子に話は進み、すぐに熟練のリノベーションチームに現場入りしてもらった。

古民家再生は目利きが大事

一般的に古い住宅はその当時の社会情勢などを背景にして、年代によってその間取りに特徴がある。「仲な家 -naka naka-」では10人以上のご家族が住んでいたこともあって、家族が増えるたびに和室を小間切れしたであろう改装がなされ、最終的にはおよそ150㎡の延床面積の建物が9LDKという、現在ではなかなかお目にかかることができない間取りになっていた。

古民家再生のスタートとして、まず難しい作業になるのが解体作業

通常のリノベーション工事では、建物の劣化が激しい場合、一度内装はすべて解体しスケルトン(建物の基本構造である柱・壁・床などを残した状態)にしてから、そのほとんどを新しい建材、設備に作り変える工事を行うのが一般的だ。内装解体工事などの過酷な労働環境では働く日本人労働者は非常に少なく、実際に日本の解体現場で働いている現場の労働者は若い外国籍の労働者がほとんどなのだが、コミュニケーションが難しい外国籍労働者でもスケルトンにする解体工事であれば、難しい指示も壁や床への養生もすることなく解体工事を進めることができる。しかしながら、古民家再生ではそうはいかない。

 

古民家再生は可能な限り利用できる古材を活かす。古材の良さというのは長い年月をかけてはじめて現れる建材の味である。これはどんな精巧に作られた現在の古材風の建材でも表現することが難しい。古民家再生の解体工事では、「まだ使用可能な建材の見極め」という目利きが必要になるため、内装解体業者による解体は細部での指示が必要になるし、大工にも解体工事をお願いするケースもあるほどである。(私もはじめて古民家再生を実施した際には、解体工事に参加して、一日中天井材を落とし、大量のネズミの糞を頭にかぶったことがある。)

「仲な家 -naka naka-」では間取り変更のために不要になる壁や造作物のみを解体し、通常のリノベーション工事では壊してしまうであろう、天井材や木製サッシ、フローリングなどは今もそのままに利用している。

 

古民家リノベーション

解体工事を経て、活かすもの、直すもの、新しくするものをここで改めて決定しなおす。解体するタイミングではじめて、建材で隠れていた建物構造や住宅設備が顔を出すことがあり、実はこの時点で正式な見積もりが作成させる。ココミンカでは数多く再生現場を手掛けているので、見積り、家賃査定が事前に実施できるが、やったことのないリフォーム業者ではほとんど対応できないであろう。想定に比べて建材が劣化していたり、設備のルートが想定と違っていたり、新しい発見は建物ごとさまざまだ。「仲な家 -naka naka-」では活かすもの、直すもの、新しくするものを以下のように決定した。

 

活かすもの

各部屋に装飾された天井

1F廊下、縁側、階段の床材

石張りのお風呂

木製の造作物

 

活かすもの

木製サッシ

木枠

 

新しくするもの

水回り設備(キッチン、洗面台、トイレ、シャワールーム)

水回り床材(タイル仕上げ)

電気設備

各居室の床材(無垢フローリング)

居室の建具ドア、木製造作物、和風ロールスクリーン

外構部(住宅ポスト、館銘板など)

壁仕上げ(漆喰塗り)

 

古民家再生を行うにあたって最も重要な部分は、新しい建材と古材との調和

例えば、日に焼けた古いドアがあったとして、そのとなりにダイノックシート施工された木製ドアがあったらどうだろうか?おそらく、ダイノックシート施工された木製ドアは清潔感を感じ、日に焼けた古いドアは不潔な感覚を私たちに与えてしまうだろう。日に焼けた古いドアがどんなに高級な建材であったとしても関係ない。私たちは見慣れている新しい建材を清潔と感じ、見慣れない古いドアは不潔と感じてしまう。しかし、この古いドアを歴史のある旅館で見たとしたらどうであろう?不思議なことにこの古いドアを歴史ある格式高い清潔なものであると認識してしまうであろう。逆にこの歴史ある旅館にダイノックシート施工された木製ドアあったとしたら、「なんてチープなデザインなのだ」と、きっと感じてしまうだろう。どちらも良いドアに違いないのであるが、デザイン全体として浮いてしまうものがあると人はそれを異物ととらえ、嫌悪感をいだいてしまう。

新しい建材や修復する建材をいかに「新しく見せない」か。これが古民家再生の最も難しく、職人の腕が問われる部分である。

 

水回り周辺ではなるべく色を使用せず、古材の味が出るように

 

エイジング加工をされ、古材に調和された室札