水回りのリフォームの費用相場は? DIYは可能? 費用を安くする方法や注意点も解説!

家を持っていたり、空き家を管理していたりする場合、水回りのリフォームを行いたい方も多いでしょう。今回は、リフォームする場合の費用相場やリフォームするのによいタイミング、注意点などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

水回りリフォームの費用相場

水回りのリフォームは10年から20年に1度の頻度で行います。大切に使っていたとしても、寿命を迎えるためリフォームは避けられません。水回りリフォームは高額の費用が必要ですので、リフォームに備えて準備しておく必要があるでしょう。
ここでは、水回りリフォームにかかる費用相場を解説します。セットプランには内装工事が含まれていないこともありますので、業者に確認しておきましょう。

 

水回り3点セットの場合

キッチン・浴室・洗面所・トイレの中から3箇所を改装するパックを3点セットという呼び方をします。どの組み合わせにするかによって費用が変わります。3点セットの費用の相場を表にまとめました。

箇所マンションの費用相場一軒家の費用相場
キッチン・浴室・洗面所80万円〜200万円80万円〜200万円
浴室・トイレ・洗面所100万円〜150万円80万円〜150万円
キッチン・浴室・トイレ80万円〜200万円70万円〜200万円

 

一軒家もマンションも費用相場はほとんど変わりません。

 

水回り4点セットの場合

キッチン・浴室・洗面所・トイレを一揃えに改装するパックのことを4点セットと呼びます。セットで改装すると別々に改装するのに比べて費用が安く収まることが少なくありません。費用相場を、下記にまとめました。

箇所マンション一軒家
キッチン・浴室・洗面所・トイレ90万円〜190万円100万円〜200万円

 

4点セットで、水回りを全て同時にリフォームする場合は200万円近くかかります。内装工事を含めると、200万円以上する可能性もあるでしょう。

 

水回りパーツ別の場合

3点セットや4点セットでリフォームすると、結果的に安いですが、一度にかかる費用は高額です。寿命が来たところから順番に、それぞれリフォームしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。水回りをパーツごとに分けた場合の費用の目安を表にまとめました。

箇所費用相場
キッチン20万円〜150万円
浴室50万円〜150万円
洗面所10万円〜50万円
トイレ15万円〜60万円

 

リフォーム工事の種類によっても値段は変わります、例えば、ユニットバスからユニットバスにする工事と、従来のバスタブからユニットバスにする工事では費用が異なります。一般的に古いタイプのものから、システムキッチンやユニットバスなどのシステムに交換すると費用が高くなりがちです。水回りをリフォームする際は、工事内容も一緒確認し、見積もりを出してもらいましょう。

トイレのリフォームについてさらに詳しく見る

 

水回りリフォームすべき時期

キッチン・浴室・洗面所・トイレなどの水回りの寿命は10年〜20年とされていますので、その時期を見計らってリフォームするとよいでしょう。特に新しいものを設営後、15年をすぎた頃から劣化がひどくなります。

例えばトイレやキッチンのシンクの流れが悪くなったり、蛇口や排水管からの水漏れが気になったりすることがあるでしょう。お風呂や洗面所の排水がスムーズでなくなることもリフォームを考えるサインです。さらに、床下の排水管が劣化し、水漏れしていることも少なくありません。床をはいでみたら「カビだらけだった」「床下の素材が腐敗していた」というケースもあります。

 

水回りのリフォームを安くする方法

水回りのリフォームにかかる費用は高額です。しかも、10年〜20年のスパンでリフォームしなければならないため、家を持っている人は負担に感じることもあるでしょう。そこで、できるだけ安くリフォームする方法を紹介します。

 

まとめてリフォームする

価格を抑えたい方は、3点セット・4点セットなどのパックを活用し、まとめてリフォームしましょう。3点セット・4点セットを利用すると、200万円以上かかることもあるため一見高額に感じます。しかし、実際は1つずつパーツを工事するのに比べて費用が安く収まります。

水回り工事をする際は、床を剥がしたり、本来の水道管や排水管に新しい設備をつなげたりして工事をする必要があるからです。別々に工事をすると、その度にパーツの費用と別途で改装費がかかり結果的に高額になります。まとめた方が、断然リーズナブルです。

 

補助金・助成金の活用

国や自治体が出している補助金や助成金があるか確認し、適用する場合は活用しましょう。例えば国が支援する「子育てエコホーム支援事業」があります。子育て世代や若い夫婦が対象です。「住宅省エネリフォーム」に対して補助金が出ますので、対象者は確認してみましょう。(参考:国土交通省・子育てエコホーム支援事業
他にも自治体が独自で出している補助金制度や、介護保険が適用になるものもあります。リフォームする前に、自治体で確認してみてください。

 

【パーツ別】リフォームの注意点・ポイント

水回りのリフォームは、日常生活で毎日使うところなので、デザインはもちろん使い勝手や機能などもこだわりたいですよね。さらに、水回りにありがちな問題を理解しておくと、実際に工事を開始した後でストレスを抱えずに済みます。リフォーム中やリフォーム後における注意点を、パーツ別に解説します。

 

キッチン

キッチンのリフォームでは、アイランド型や対面式のキッチンにするために場所を移動したいと希望する方が大勢います。キッチンを移動する場合は、配管も変えなければなりませんので、工事費用が高くなることを覚えておきましょう。配管を変更するにあたって、一軒家の場合は、それほど難しくありません。

しかし、マンションの場合は、集合住宅では各家から大きな配管へと合流し、スムーズに流れる仕組みになっています。配管の位置が決まっているため、無理やりキッチンの位置を移動すると、水が流れにくくなったり、変な位置に配管を設置しなければならなかったりする問題が生じます。設計の際に、配管の流れや位置についても確認しましょう。

 

浴室

掃除も楽で温かいユニットバスの人気は高く、浴室のリフォームでは、タイル張りの浴室からユニットバスへの変更を希望する方が大勢います。従来の浴室からユニットバスへと変更する場合、まずは、浴室のサイズとユニットバスの形が合っていなければなりません。そのため、浴室の一部のコンクリートをはつる工事が必要になることもあるでしょう。
また、古い浴室の場合、すでに水漏れしているケースも多く、工事を開始してタイルを剥がした後で問題が見つかることがあります。その場合は、水道管の工事からやり直しになるケースもあるでしょう。当初予定していたよりも、工事が大規模になる可能性も少なくありません。

 

トイレ

トイレのリノベーションの際は、今のトイレからランクアップしたいと希望する方も少なくありません。例えば、手洗い場を別に設けたり、高性能のトイレに変更したりする工事は人気です。ランクアップした後のトイレを気持ちよく使うためには、トイレや手洗い場の大きさを確認する必要があります。例えば、従来のトイレに比べて、新しいトイレの幅や奥行きが大きいと圧迫感があります。また、手洗い場を設置したことによってトイレが狭くなるケースも少なくありません。実際のトイレの面積と、トイレを設置した際の広さを考えて設置するアイテムを考えましょう。

 

洗面

洗面のリフォームでは、ユニット洗面台やシステム洗面台を備え付けるリフォームや、カウンター式で、ゆったりとした空間を作るリフォームなどがあります。狭いスペースを有効活用したい方や機能性を重視したい方は、システム洗面台やユニット洗面台を選ぶとよいでしょう。カウンター洗面所は、カスタマイズができるので、自分らしい個性のある洗面スペースにしたい方に向いています。また、洗面台の周辺をすっきりとできるため、ごちゃごちゃしているのを避けたい方もカウンター洗面所を選ぶとよいでしょう。

 

水回りリフォームは住みながらできる?