空き家管理サービスはどれがおすすめ? サービスの選び方や注意点を徹底解説!

空き家管理サービスは、自分で空き家の管理ができないときに検討できる便利なシステムです。とはいえ、いろいろな会社があるため、どれを選んだら良いのか悩む方も多いでしょう。そこで今回は、おすすめの空き家サービスや自分に合った選び方、検討するときに気をつけたいポイントなどについて解説します。

 

空き家管理サービスの内容

空き家管理サービスとは、費用を払って空き家の管理を委託するシステムです。オーナーに代わって、サービス会社が庭の管理や家の中の管理などをします。サービス内容の一例は、ハウスクリーニング、空き家の循環、雨漏り点検、通水や漏水のチェック、郵便受け管理などです。また、ケースによっては排水管の洗浄や、空き家の活用方法決定のサポート、決定後のサポートを実施しているところもあります。

所有している空き家は、劣化防止や犯罪防止などのために、月に一度の頻度で訪れ定期的に管理をしなければなりません。
しかし「遠方に住んでいてなかなか管理に行けない」「忙しすぎるので空き家の管理をする時間がない」などの理由で、管理ができない現状が多いのも事実です。空き家の管理を自分でするのが難しいときに、空き家管理サービスを検討できます。

 

空き家管理サービスの選び方

現在、さまざまな会社が空き家管理サービスを展開しています。会社によってサービス内容が異なるため、自分にとってぴったりなサービスを選択することが重要です。本項目では、失敗しないための空き家管理サービスの選び方について解説します。

 

対応して欲しいプランがあるか?

まずは候補に上がっているサービス会社に、対応して欲しいプランがあるかを確認することが大切です。
例えば「庭の草抜きをして欲しい」ことが第一条件の場合、家の外周サービスの中に草抜きが含まれているサービスを選ぶ必要があるでしょう。草抜きがオプションである場合は、毎回別途料金を払ってサービスを受けなければならず出費がかさむからです。

また、安いベーシンクプランの内容は「家の循環や」「郵便物の回収」など、外周のみのサービスである可能性もあります。家の中の管理をしてもらうつもりで契約をすると、後悔することになりかねません。
自分が対応して欲しいプラン内容と費用を確認し、納得した上で契約をしましょう。

 

緊急時の対応が十分か?

緊急時に、十分なサービスを受けられるかを確認することも大切です。例えば、台風やゲリラ豪雨、地震などの自然災害が起きたときには、家の状態が気になることでしょう。緊急時には「すぐに家を循環してくれるのか」「具体的にどんな対応をしてくれるのか」「緊急時の対応はオプションで費用がかかるのか」など、詳しく確認しておきましょう。

もちろん、自然災害が起きないに越したことはありません。しかし、予告できないことは誰にでも起こり得ますので、災害や緊急時に備えて確認しましょう。

 

払い続けられる費用

サービス内容とともに費用についても考慮し、払い続けることが可能かを検討しましょう。当然のことですが、サービス内容が充実していればいるほど、費用が高くなります。少しの費用でも、毎月払い続ける場合は負担になり得ます。

また、空き家の管理にかかる費用は、管理会社に支払う料金だけではありません。固定資産税、都市開発税、家の修理費用、光熱費なども考慮し、現実的に支払いが可能かを検討しましょう。

 

おすすめの空き家管理サービス5選

おすすめの空き家管理サービスを5つ紹介します。費用やサービス内容などをそれぞれ見ていきましょう。

  • 大東建託パートナーズ「空き家管理サービス」
  • 東京ガス「実家のお守り」
  • ALSOK「るすたくサービス」
  • Liveness「空き家管理サービス」
  • NPO法人「空き家・空地管理センター」

 

大東建託パートナーズ「空き家管理サービス」

「空き家管理サービス」は、大東建託パートナーズに所属する管理サービス会社です。大手の会社なので信頼性も高く、全国展開しているためどこに住んでいても利用しやすいでしょう。「空き家管理サービス」の内容を、表にまとめました。

運営会社大東建託パートナーズ株式会社
対応するエリア全国
作業頻度月1回
作業内容・通水、換気などの内部管理

・郵便物回収、草木の確認、簡易清掃などの外部管理

サービス内容別の基本料金・外部巡回サービス:5,500円

・内部巡回サービス:11,000円

・マンション巡回サービス:8,800円

報告の方法

 

空き家の管理サービス以外にも、相続や税金関係の相談や、空き家活用方法のサポートも行っています。

 

東京ガス「実家のお守り」

「実家のお守り」は、東京ガスが展開する空き家管理サービスです。東京ガスの契約者でなくても、サービスを利用できます。他のサービス会社に比べて費用が少々高いですが、空き家管理に欲しいサービスが充実しているメリットがあります。

運営会社東京ガス株式会社
対応するエリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県(一部のエリア)
作業頻度1回のサービスに対して料金を払うシステム
作業内容・通水、換気、掃除などの内部管理

・郵便物回収、草木の確認、簡易清掃などの外部管理

・スタンダードプランとプレミアムプランには草むしりがついている

サービス内容別の基本料金・ベーシックプラン:9,900円

・スタンダードプラン:11,000円

・プレミアム:14,300円

報告の方法写真報告

 

オプションで、郵便物を指定住所に送るサービスも行っています。一部エリアのみのサービスですが、該当するエリアに空き家を所有している方は検討してみてください。

 

ALSOK「るすたくサービス」

「るすたくサービス」は、セキュリティ会社ALSOKが運営する空き家管理サービスです。セキュリティ会社の強みを活かし、特に防犯に徹底しています。建物の管理より、セキュリティの強化を重視したい方に、特に向いています。

運営会社綜合警備保障株式会社(ALSOK)
対応するエリア全国
作業頻度月1回
作業内容・外部巡回、郵便物回収

・換気、通水(10か所まで)、目視確認(10か所まで)

サービス内容別の基本料金・基本サービス:4,400円(ユーザーは2,200円)

・基本サービスセキュリティパック:5,500円

・換気サービス:5,500円

報告の方法メール

 

Liveness「空き家管理サービス」

「空き家管理サービス」は、大和ハウスグループ8社が集結したLivenessがALSOKと業務提携して展開している空き家管理サービスです。大和ハウスの経験や実績にALSOKのセキュリティが加えられた、サービスを誇っています。

運営会社Liveness
対応するエリア全国
作業頻度月1回
作業内容・外部巡回、郵便物回収、庭の草木の確認などの外部管理

・通水、換気、簡易掃除などの内部管理

サービス内容別の基本料金・戸建てプラン:11,000円

・マンションプラン:9,900円

報告の方法

 

基本的な家の管理はもちろん、緊急時の対応や、24時間体制での警備など、セキリティ面でも空き家の管理を徹底しています。

 

NPO法人「空き家・空地管理センター」

「空き家・空地管理センター」は、NPO法人が運営する空き家管理サービスです。空き家の活用や管理を支援することを目的として、活動しています。他の会社に比べて費用が、圧倒的に安いのが特徴です。建物だけでなく、土地の管理も対応しています。

運営会社NPO法人
対応するエリア全国
作業頻度月1回
作業内容・通水、換気、室内の目視などの内部管理

・郵便物回収、草木の確認、簡易清掃などの外部管理

サービス内容別の基本料金・スタンダードプラン:2,750円

・しっかりプラン:6,600円

・空地らくらく管理:3,300円

報告の方法

 

オプションで、郵便物を指定の場所に転送するサービス、草刈り、緊急時の確認などのサービスもあります。

 

空き家管理サービスの注意点

空き家管理サービスに空き家の管理を委託することには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。例えば、下記のことに注意しましょう。

  • 修理の決定はオーナーが行う
  • 修繕費はオーナーが支払う
  • 口コミや評判を確認して決定する
  • 空き家管理サービスに特化している業者を選ぶ

空き家管理サービスは、あくまで家を巡回し、状態をチェックしたり掃除を行ったりするサービスです。雨漏りや、水漏れがないかについても確認しますが、修理の決定はオーナーが行います。修繕にかかる費用についても、オーナーが負担します。管理費用に加えて、修繕費を別途で支払う必要があることを覚えておきましょう。

さらに、空き家管理サービスのサービス内容とクオリティは業者によって異なります。空き家管理サービスに特化している業者もあれば、他のサービスの延長として行っている業者もあるからです。満足のいくサービスを受けたいのであれば、管理サービスに特化している業者を選びましょう。

 

空き家を管理しないことによるリスク