海外赴任のとき空き家の管理はどうするの? 突然空き家なった場合の管理方法について解説!

海外赴任となると長い期間留守にするため、空き家の管理ができずに困ってしまう人も多いはずです。今回は、海外赴任時の空き家の管理方法と空き家管理でやるべきことについて詳しく解説します。空き家管理サービスについてや、海外赴任時の空き家にかかる費用についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

海外赴任時の空き家管理方法

長期間の海外赴任では、長期間家を留守にするため、管理に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか?ここでは、海外赴任時の空き家の管理方法について解説します。

 

家族や友人に依頼する

海外赴任時には、家族や親族、気の置けない友人に空き家の管理を依頼するのが一般的です。
家族や親族、気の置けない友人に空き家の管理を依頼する最大のメリットは、信頼できること。また、業者に頼むよりも金銭的負担を抑えられる利点もあります。

しかし、家族・親族・友人であっても管理する人の負担が大きいのが難点です。さらに、空き家を管理している間になにかしらのトラブルが発生した場合、家族・親族・友人では対処が難しいこともあるので注意が必要です。

 

空き家管理サービスを活用

海外赴任時の空き家管理には、空き家管理サービスという選択肢もあります。
空き家管理サービスは、空き家管理を専門的な視点で行ってもらうことが可能で、建物の価値を維持するのに適したメンテナンスを受けることができます。また、安全性が高いのも利点で、万が一トラブルが発生した場合にも、スピーディーかつ的確な対応が可能です。

しかし、空き家管理サービスは、有料の委託サービスとなるため、金銭的に負担がかかってしまうデメリットがあります。また、悪質な業者の場合、十分な管理がされないケースもあるため、注意が必要です。

空き家管理サービスについてさらに詳しく見る

 

空き家管理でやるべきこと

空き家を劣化させないためには、空き家を適切に管理する必要があります。空き家管理でやるべきことには、以下のようなものが挙げられます。

  • 掃除
  • 換気
  • 通水
  • 老朽箇所の発見・修繕
  • 庭の木や雑草の手入れ

 

掃除

空き家であっても、室内や屋外の掃除は欠かせません。それは、空き家の掃除を怠ると、建物が劣化して敷地内の外観が悪化してしまうからです。
さらに、空き家には埃や塵がたまりやすく、放置しておくといつの間にかカビや細菌が発生してしまう恐れもあります。カビや細菌は、木材を腐食させ、シロアリ発生の原因となることもあります。
また、屋外も簡単な掃き掃除はもちろん、郵便受けの中の郵便物やチラシなどのチェックも必要です。郵便受けが溜まってしまうと、空き家であることが知られ、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、注意しましょう。

 

換気

空き家の換気は、ただ窓を開けるだけでなく、しっかりと空気が循環する環境をつくることが重要です。人の出入りがない空き家は、空気が停滞しやすく、湿気がこもりやすくなってしまいます。湿気は、カビの原因となり、家の構造体となる木材を腐食させる恐れがあるので、注意が必要です。
また、部屋のクローゼットや押入れ、靴箱なども湿気が溜まりやすい場所なので、空気の循環を怠らないように気を付けましょう。

 

通水

空き家の管理では、通水も必須項目のひとつです。定期的に水を流さないと、水道管は徐々に錆びてしまい、最悪の場合水道管が破裂してしまう可能性もあります。
また、通水を行わないと排水管からの臭いや害獣・害虫を防ぐ役割を担っている排水トラップの「封水」が蒸発してしまう恐れもあるので、注意が必要です。
封水が蒸発してしまうと、部屋に広がる悪臭の原因となるだけでなく、家に害獣・害虫を侵入させる原因ともなります。
そのため、海外赴任時にも水道は止めず、通水を行える環境を整えておきましょう。

 

老朽箇所の発見・修繕

空き家をしっかりと管理していても、どうしても家の劣化が免れない場合もあります。その場合には、老朽箇所をいち早く発見し、修繕する必要があります。
特に注意して確認しておきたいポイントは、天井と外壁です。台風や大雨、地震などの自然災害があった後は、雨漏りや外壁の損傷の可能性が高くなります。
わずかな雨漏りや外壁の劣化だからといって、その状態で放置してしまうと、カビや木材の腐食によってますます家の劣化を早めてしまう恐れがあります。老朽箇所が見つかった場合には、迅速に適切な修繕を行いましょう。

 

庭の木や雑草の手入れ

家に庭がある場合には、庭の木や雑草の手入れも必要です。庭の手入れを怠ると、庭の木や雑草が生い茂り、近隣住民にも悪影響を与えると同時に、害虫や害獣の住処になってしまう恐れがあります。
近隣住民は、他人の家からはみ出した庭木や雑草を勝手にきることができず、後々トラブルにまで発展してしまう可能性もあるので、注意が必要です。
また、庭が荒れていると、ゴミの不法投棄がされやすくなったり、空き巣や放火など犯罪に巻き込まれる危険性も高まることを覚えておきましょう。

 

空き家管理サービスとは?

空き家管理サービスとは、空き家の維持・管理を委託するサービスです。現代の増え続ける空き家と管理不全の空き家が社会問題となっています。そんな管理が行き届かない空き家の管理を所有者の代わりに行うのが空き家管理サービスです。
サービスの内容は業者によって異なりますが、空き家の巡回・換気・通水・清掃・郵便物のチェック・修繕箇所のチェックなどとなります。
遠方でなかなか訪れることができない場合でも、空き家を適切に管理できるのは大きな利点です。
ここでは、空き家管理サービスの相場やメリット、注意点についてお話しします。

 

空き家管理サービスの相場

空き家管理サービスの全体的な相場は、月に1回の利用で5,000〜10,000円程度です。ただし、空き家管理サービスの費用は、サービス内容や構造、広さ、オプションの有無によって大きく異なります。マンション・戸建ての空き家管理サービスの費用相場は、以下の通りです。

  • マンション:5,000~7,000円程度(月1回)
  • 戸建て:8,000~10,000円程度(月1回)

マンションの場合は、外部の巡回が必要ないため、戸建てに比べて費用を抑えることができます。
また、戸建てはプラスでオプション契約などを行うケースも多くなるので、若干費用が嵩んでしまうケースが多いでしょう。

空き家管理サービスの相場についてさらに詳しく見る

 

空き家管理サービスのメリット

空き家管理サービスの最大のメリットは、プロに空き家の管理を任せることができること。空き家の管理は、素人ではなかなか目が届きにくいポイントがあります。
しかし、空き家管理サービスを利用する場合、空き家管理に特化した専門的な技術や知識があるため、海外赴任で家を離れている場合でも、より質の高い適切な管理を行ってもらうことか可能です。
質の高い管理によって、空き家の劣化を防ぐことができることや、万が一老朽箇所がある場合にはスピーディーに対応してもらえることも、空き家管理サービスのメリットだといえるでしょう。

 

空き家管理サービスの注意点

空き家管理サービスの注意点として挙げられるのは、費用がかかることです。空き家管理サービスの利用料として月に1万円かかると仮定しても、年間で12万円の出費となります。また、老朽箇所の修繕が必要な場合やオプションを利用する場合、追加で費用がかかってしまうのが難点です。

さらに、優良な空き家管理サービスを選ぶことができれば問題ありませんが、悪徳な業者に依頼してしまうと空き家管理の質が悪く、後悔してしまうケースもあるので、注意が必要です。空き家管理サービスを利用する場合には、事前に口コミや評価、金額とサービス内容をしっかりと精査しましょう。

 

海外赴任時の空き家にかかる費用は?

海外赴任をする場合、海外で暮らす費用とは別に空き家の維持費がかかってしまいます。海外赴任時に空き家を維持するための費用はどの程度かかるのでしょうか?海外赴任時の空き家にかかる費用は、以下の通りです。

  • 固定資産税・都市計画税
  • 火災保険料
  • 水道光熱費
  • 修繕費用
  • メンテナンス費用
  • 住宅ローン(住宅ローンを組んでいる場合)
  • 空き家管理サービス費用

「どうしても空き家を手放したくない」という場合以外は、空き家の活用を検討されるのがおすすめです。

 

費用と手間のかからない空き家活用は「フリーノベーション」がおすすめ!

海外赴任で長く家を離れる場合には、空き家の活用を検討するのもよいでしょう。空き家の活用には、弊社の新しい空き家活用方法「フリーノベーション」がおすすめです。
フリーノベーションは、オーナー様とマスターリース契約を結ぶことで空き家を活用する仕組みです。

フリーノベーションの最大のメリットは、オーナー様の金銭の負担は「ゼロ円」で活用できること。リノベーションから運営まで、オーナー様