特徴的な間取りを活かした“おとぎ話”の世界観。女性専用3階建てシェアハウス「FIKA大塚」オープン!

今回は、特殊な間取りをもつ3階建て鉄骨造の一軒家。そのリノベーション事例、そしてリノベーション後の活用として、「シェアハウス」とはそもそもどういうものなのか、どんな需要があるのかをご紹介します。
狭い土地・変わった形の土地に建っている、増改築を繰り返しているなど、建物の形や間取りに不安をお持ちのオーナー様、また物件の活用をお考えの方は是非参考にしてみてください!

 

依頼の流れ・現地調査

今回は、空き家の中では珍しい鉄骨造の一軒家。建物を管理している不動産会社様からの依頼でした。
しばらく人は住んでいない様子でしたが、どれほどの期間空き家であったのか、またそれ以前の使われ方などは不明です。

少々見づらいですが、元の間取りです。
1階2階が洋室、3階が和室で、階段は螺旋階段になっています。
部屋の形も特徴的、「かなりいびつな間取り」というのが初見の印象で、法令に反しないようにどうにか間取りを組んだような、住みやすさは二の次といった家だと感じました。

さらに、二世帯住宅だったのか玄関・キッチン・浴室が2つずつあり、何を残すのか、どこにリビングをおくか等、どうしたら生活同線が整い、利用しやすくなるかを考えることが一番の課題であると想定されました。

幸いだったのは、鉄骨造という点です。
抜けない柱があり、間取り決めに制限が出てしまう木造と違い、鉄骨造にはそういった制限がなく、間取りや和洋室の選択がしやすい利点があります。

また、JR山手線の中でも治安の良い人気エリアという立地も大きな魅力でした。
大学や専門学校が多いエリアでもあるので、都心へのアクセスや家賃を重視する学生や、上京して初めての一人暮らしの方向けのシェアハウスとして需要があるだろうと考えられました。

土地の広さ・形に不安がある、賃貸に出してみたけど借り手がつかないといったオーナー様も、ぜひ一度弊社にご相談をいただければと思います!

 

コンセプト

コンセプトを考えるにあたっては、今回のシェアハウスの名前でもある「FIKA」という言葉がキーワードになっています。

FIKA(フィーカ)とは「甘いものを食べながらコーヒーを飲む」というスウェーデン人の習慣のことを指します。
どんなに忙しくても一旦手を止めて、コーヒーを飲みながら甘いものを食べる。
生活にメリハリが生まれ、また仲間とのコミュニケーションも円滑になるといったメリットがあり、シェアハウスのコンセプトにもぴったりだと思いました。
そして、スウェーデン、北欧から童話・おとぎ話と連想し、10代後半~20代前半の女性をターゲットにした可愛らしいデザインを前提とした、入居者がホッと一息つけるような空間づくりの方向性が決まりました。

 

工事過程

今回は建物の作りがしっかりしていたので、大きな間取り変更は行わず、キッチン・お風呂などの水回りと配線、内装工事が主となりました。

その中でも3階分の配線の引き直しが、今回の一番大きな工事でした。
シェアハウスは「入居者分の個別の生活ある」とイメージしていただければわかりやすいかと思いますが、冷暖房のみならず、各部屋に冷蔵庫があり、ドライヤーも各自使用したりと、多くの電気を必要とするのです。

 

キッチン・ダイニング

内装は、変形間取りが「デザイン」になるよう、趣向をこらしました。

玄関を入ってすぐのキッチン・ダイニングは、シンプル+派手なアクセントクロスでシェアハウスのコンセプトを前面に出した仕上がりに。

 

螺旋階段部分

キッチン横にある、2つの玄関を行き来できるようになっていた高さ100㎝ほどの扉は、螺旋階段があるためこれ以上の高さにすることができず、トンネル状にしデザイン性をもたせました。

階段部分の壁には世界観を司る大きなモチーフも。民家では珍しい螺旋階段も、メルヘンな世界観に一役買ってくれています。

 

個室

 

空き家には残置物があることもしばしば。今回は和室の畳は剥がし、すべて洋室で揃えました。