空き家を活用できるアイデアが欲しい! おすすめの活用方法や成功事例を詳しく解説

空き家を保有しているものの、よい活用方法が分からずに悩んでいる方は多いかもしれません。そこで今回は、空き家の活用方法や成功事例を紹介し、空き家活用のメリットや放置するリスクなどについても分かりやすく解説します。空き家の活用方法で悩んでいる人は、自分にぴったりのアイデアを見つける参考にしてみてください。

 

空き家の活用方法1:そのまま貸し出す

空き家の活用方法として最もシンプルといえるのが、そのまま貸し出すという方法です。保有している空き家をそのまま人に貸し出せば、家賃収入を生み出すことができるので、立派な活用方法といえるでしょう。そのままの状態で貸し出す方法なら、特別なリフォームや修繕などを行う手間や費用もかかりません。そのため、できるだけ楽で簡単な活用方法を求めている人におすすめです。

 

空き家をそのまま貸し出すメリット

空き家をそのまま貸し出す最大のメリットは、手間や費用をほとんどかけずに家賃収入を手に入れられるという点です。そのままの状態で貸し出すため、万が一なかなか借り手がつかなかったとしても大きな損をすることはなく、リスクを伴わずにできる活用方法ともいえます。また、空き家に対して愛着を感じている人にとっては、そのままの状態を維持しながら活用できるという点も、大きなメリットとなるでしょう。

 

空き家をそのまま貸し出すデメリット

空き家をそのまま貸し出すデメリットとしては、借り手がなかなか見つからない可能性が高くなるという点が挙げられます。築年数が古く、家の外観や室内の状態も古いままでは、賃貸の募集をかけても人気の低い物件となってしまうでしょう。借り手が見つかるまでは当然家賃収入も入ってこないので、なるべく早く家賃収入を得たいと考えている人にとっては、大きなデメリットになってしまいます。

 

空き家の活用方法2:建て替えやリノベーションして貸す

空き家をより有効的に活用したいという方には、建て替えやリノベーションして貸すという活用方法がおすすめです。保有する空き家が既に古くなっている場合、建て替えやリノベーションすることで、綺麗で魅力的な物件へと生まれ変わります。時代に合った魅力的な物件に生まれ変われば、古くなり持て余していた空き家の価値も上がることになるでしょう。

 

建て替え・リノベーションして貸すメリット

空き家を建て替えもしくはリノベーションして貸すメリットは、物件としての魅力が上がることで、借り手がつきやすくなるという点です。また、古い状態のまま貸すよりも、家賃を高く設定できるというメリットもあります。さらに、築年数が古い空き家の場合、耐震性などの強度に不安が残る場合も多いので、建て替えやリノベーションによって安心して貸したいという理由で、この活用方法を選ぶケースも少なくありません。

 

建て替え・リノベーションして貸すデメリット

建て替えやリノベーションして貸すデメリットとなるのが、最初に高い工事費用を負担しなければならないということです。もちろん、高い工事費用をかけたとしても、すぐに借り手が見つかり、支払った分の費用を家賃収入として計画通り回収できるのが理想ではあります。しかし、なかなか借り手がつかなかったり、借り手が決まってもすぐに退去されてしまったりすれば、計画していたように家賃収入が手に入らないといったリスクもあるため、注意が必要です。

 

空き家の活用方法3:解体して土地活用する

空き家がかなり古くなっている場合は、空き家を解体して更地にし、土地として活用するという方法も検討してみるとよいでしょう。古くなっている空き家をそのまま放置しておくと、建物の維持費がかかってしまううえに、倒壊の恐れなども懸念されます。空き家を解体して更地の状態にすれば、駐車場などとして有効的に土地活用することができるので、空き家の活用方法の1つとして把握しておきましょう。

 

解体して土地活用するメリット

空き家を解体して土地活用するメリットは、更地にすることで建物の維持費がかからなくなることや、解体後のメンテナンスが簡単であることなどが挙げられます。例えば、空き家を解体して駐車場として土地活用する場合、解体後にかかる工事費用は比較的安く済み、駐車場利用代として継続的に安定した収入を得ることが見込めるでしょう。

 

解体して土地活用するデメリット

空き家を解体して土地活用するデメリットは、解体費用を負担しなければならないという点です。高額な費用をかけて解体したものの、その後の土地活用がうまくいかなかった場合、結果的に損してしまう可能性もあるかもしれません。例えば、駐車場として土地活用を始めてみたものの、利用者が少なく見込んでいた分の収益が得られなかったというケースなどが考えられます。土地活用は、立地や周辺環境などの影響を受けやすいので、場所に合わせた正しい方法で活用することが重要となるでしょう。

 

空き家活用の成功事例

空き家の活用を検討している人にとって、具体的な成功事例について知りたいというケースは多いでしょう。ここでは、空き家活用の成功事例を6つ紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

シェアハウス

空き家は、シェアハウスとして活用するのに向いていて、実際の成功事例も多々あります。シェアハウスは、複数の入居者が共同で空き家を借りてくれることから、入居者全員分の家賃を合わせれば大きな収益が見込めます。また、シェアハウスなら、入居者の入れ替わりがあったとしても、完全に空室状態になることはほとんどありません。そのため、家賃収入が途切れるリスクが低いという点も、シェアハウスならではのメリットとして把握しておきましょう。

 

戸建て賃貸

空き家活用の成功事例として特に多いのが、戸建て賃貸にするケースです。戸建て賃貸にして無事に借り手がつけば、毎月安定して家賃収入を得ることができます。また、小さな子供がいる家庭などを中心に戸建て賃貸の需要は高く、適切な家賃設定や修繕工事などができていれば借り手はつきやすいといえるでしょう。戸建て賃貸は、入居者が一度決まれば比較的長く住み続けてくれる傾向があるので、長期的な家賃収入が見込める点も、成功しやすいポイントです。

 

民泊

空き家を民泊として活用し、宿泊客を集めて成功したというケースも増えてきています。民泊として活用するためには、民泊新法と呼ばれる法律に則って運営していく必要がありますが、民泊の運営を代行してくれる管理会社へ依頼すれば、決して難しい活用方法ではないでしょう。民泊は、安く泊まれる場所を求めている外国人観光客などから特に需要が高いので、観光地に近いエリアでの成功事例が多くなっています。

 

レンタルスペース

空き家をレンタルスペースとして活用するといった成功事例も増えてきています。レンタルスペースとは、さまざまな用途のために時間単位で場所を貸し出すというものです。例えば、会議や事務作業を行うためのスペースとして使用されるケースや、パーティーを開くためのスペースとして使用されるケースなどがあります。レンタルスペースは、最低限の空間を整えておくだけで運営できるため、手軽で幅広いニーズに対応できる点が、多くの成功事例に繋がっています。

 

トランクルーム

空き家をトランクルームとして不特定多数の人に利用してもらうという成功事例もあります。トランクルームとして活用する場合、人ではなく物を置くための空間となるため、管理が楽で手軽に始めやすい活用方法といえるでしょう。また、トランクルームは荷物を置いておくことだけが目的なので、立地にかかわらず需要が見込めます。立地が悪く人に使用してもらうのが難しそうな場合は、トランクルームとしての活用を検討してみるとよいかもしれません。

 

フリーノベーション

お金をかけずにリノベーションして空き家を活用する「フリーノベーション」による成功事例も多く出ているため、1つの選択肢として入れてみるのはいかがでしょうか。フリーノベーションとは、無料を意味する「フリー」と「リノベーション」を組み合わせた活用方法です。フリーノベーションでは、空き家の定期借