リフォームとリノベーション、その違いはなに? 異なるメリットを解説!

「リフォーム」や「リノベーション」という言葉を頻繁に耳にしますが、それぞれの違いが分からないという方も多いでしょう。今回は、リフォームとリノベーションの違いやそれぞれのメリット、デメリット、費用相場についても解説していきます。

 

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションは、どちらも家の改修に対して使われる言葉です。本来は別々の意味を持ちますが、混同して使われることも少なくありません。
しかし、家の改修をする際に、工事関係者との誤解を避けるためにも正しい意味を理解しておくことは大切です。

 

リフォームとは?

リフォームは「建物が壊れたり古くなったりしているところを修復して、新築の状態に戻すこと」です。もともとリフォームには「改良」「改善」「刷新」という意味があります。例えば、「クロスや床を張り替える」「古くなったキッチンやお風呂などの水回りを新しくしたりする」ことです。また、「和式トイレから洋式トイレへ変更する」「キッチンのガス台をビルトインコンロ(キッチンに埋め込まれたコンロ)へと変更する」など、現在より使いやすく改良することもリフォームの一種です。

 

リノベーションとは?

リノベーションとは「本来建てられた状態よりも、さらに付加価値をつけた状態へと改修すること」です。リノベーションには、「改修」「革新」「刷新」などの意味があります。リフォームに比べて、大規模な改装や改良をして、建物の状態をアップグレードします。例えば「古民家をリノベーションして現在の生活にあった状態へと修繕する」「2つの部屋を1つにして広い間取りにする」「キッチンの位置を大きく動かす」などの工事はリノベーションにあたります。リフォームに比べて、工事の規模が大きい特徴があります。

 

リフォームのメリット

 

リフォームは、壊れている箇所を修理したり、古くなったところを新しくしたりする作業です。家を所有している方は、ある頻度でリフォームを検討することでしょう。
リフォームのメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • リノベーションよりも工期が短い
  • 費用を安く抑えやすい
  • 元の良さを活かせる

 

リノベーションより工期が短い

リフォームはリノベーションよりも工事の規模が小さいので、工期も短いメリットがあります。例えば、トイレの交換、キッチンの交換、お風呂の交換などの工事だと1日〜3日で終わります。工事内容によっては、半日で終わることも珍しくありません。工期が短いので、工事中に家を引っ越したり、不自由な生活が続いたりすることもなくストレスが少ないでしょう。
「気になるところだけ修理し、できるだけ早く住める状態にしたい」と考えている方は、リフォームが向いています。

 

費用を安く抑えやすい

リフォームは工事の希望が小さい分、費用を抑えやすいことも大きなメリットです。キッチン、トイレ、お風呂などを新しく交換する工事では、位置を変える必要がありません。また、クロスを貼ったり、電球を変えたりと、塗装をしたりと、以前からあるものを修理したり、改善したりする作業です。配置、配線、配管などを大きく変えなくてよいのでリノベーションに比べると費用が抑えられるでしょう。

 

元の良さを活かせる

リフォームは大きく部屋の間取りを変えないため、元の物件の良さを活かせます。リフォームの計画中も、完成後のイメージしやすいため、大きな失敗はほとんどありません。配線や、生活動線もほぼ変わらないので、リフォーム後もすぐに元の生活に戻れるでしょう。特に、リフォーム前の物件の間取りや雰囲気を気に入っている場合は、元の良さを活かせるリフォームが向いています。すでに、建物の状態や佇まいがよい物件は、リフォームで十分に満足のいく仕上がりになるでしょう。

 

リノベーションのメリット

リノベーションには、リフォームとは異なる次のメリットがあります。

  • デザインや間取りの自由度が高い
  • 物件の選択肢が増える

 

デザインや間取りの自由度が高い

リノベーションは、自由度が高いことが大きなメリットです。間取りやデザインをガラッと一変できるので、自分好みのデザインになります。例えば、2つの部屋を1つにして広々と使ったり、キッチンの位置を変更してアイランドキッチンにしたりできます。全体的に大きく変更するため、統一感も出るでしょう。「子育てに適した家にしたい」「退職後の生活を楽しみたい」など、ライフスタイルの変化に合わせた改装ができます。

 

物件の選択肢が増える

リノベーションだと大規模改装ができるので、物件の選択肢が増えます。例えば、古民家などの築年数が経過した物件も選択肢に含まれるでしょう。購入した場合、住める状態にするために、屋根の修理や耐震性の強化、断熱材の強化などの工事も必要です。しかし、リノベーション後の古民家物件は希少価値も高く人気です。また、古い物件の場合は、購入価格が安く収まることも少なくありません。空き家を新しく購入して改装する予定の場合は、リノベーションの方が物件の幅が広がるでしょう。

 

リフォームのデメリット

リフォームは、工期が短く費用も安く収まるという大きなメリットがありますが、以下のようなデメリットもあります。

  • 大きな変更ができない
  • 間取りや配線の制限が多い
  • リフォームした箇所としていない箇所にギャップができる

リフォームは大規模改装ではなく、部分的な修理や交換をします。あくまでも古くなったところを新しく修繕するという目的です。今ある家の間取りや配線、配管などを変えずにリフォームするため、できることに制限があります。

また、新しくなった箇所と、リフォームしていない箇所に差ができる可能性も否定できません。「家のデザインを変更する」「間取りを変えたい」といった工事を希望する場合は、リフォームではなくリノベーションの方が向いているでしょう。

 

 

リノベーションのデメリット

リノベーションの場合、たとえば以下のようなデメリットがあります。

  • 改装費用がかかる
  • 工期日程が長い
  • ローンの金利が高くなる可能性がある

 

リノベーションは自由度が高い分、大規模改装になるため改装費用が高くなります。大幅に間取りを改装する場合、配管や配線も変更するからです。また、改装時に、耐久性や耐震性の工事も追加で必要になるケースも考えられます。それに比例して、工事日程も長くなります。リフォームをしながら家に住むのは可能ですが、リノベーションだと難しい場合が多いでしょう。

リノベーションの間、家具を移動させたり、仮に住む場所を探したりする必要があります。さらに、古い物件を購入して改装する場合、一般の住宅ローンが適用にならないこともあり、その場合はリフォームローンが適用されます。ローンを組むことを検討中の方は、ローンの詳細についても確認しておいた方がよいでしょう。

 

リフォーム・リノベーションの費用相場

リフォームとリノベーションの費用相場は、それぞれ次のとおりです。リフォームは、家の一部のみ工事することが多いため、それぞれの工事費用の相場を載せました。

(リフォームの費用相場)

場所費用相場
キッチン50万円〜150万円
お風呂50万円〜150万円
トイレ20万円〜50万円
洗面所20万円〜50万円
リビングルームの内装100万円〜300万円
ダイニングルームの内装50万円〜100万円
その他の部屋の内装10万円〜60万円

 

家の作りや、工事の内容、新しく入れる設備の種類などによっても費用は異なります。しかし、家の1箇所だけをリフォームする場合は、安い金額で収まることも少なくありません。

 

(リノベーションの費用相場)

場所費用相場
一戸建て250万円〜900万円
マンション390万円〜2000万円

 

リノベーションの規模、本来の物件の状態などによっても費用相場は異なります。しかし、リフォームに比べると圧倒的に金額高いことがイメージできるでしょう。

 

空き家は費用をかけずに活用できる「フリーノベーション」がおすすめ