民泊の清掃で押さえたいポイントとは? 代行会社の料金や選び方も解説

民泊を経営している方や、検討中の方は民泊の清掃方法について考えることでしょう。そこで今回は、民泊の清掃の重要性や清掃すべき箇所、代行業者に頼む際の費用や選び方について、詳しく解説していきます。

 

民泊は清潔感を保つために清掃が欠かせない

民泊経営を軌道に乗せたい場合、清潔感を保つことが欠かせません。民泊はいろいろな文化背景を持つ利用客が利用します。また、自分の家ではないので、羽目を外しがちです。そんな環境のため、民泊は汚れやすく、ポイントを絞った掃除を徹底的にすることが欠かせません。

さらに最も重要な点として、清潔かどうかが集客に直接関係します。利用者は、口コミを読んで宿泊先を決めます。清潔な民泊の稼働率はよくなるといっても過言ではありません。そのためには清掃を徹底し、利用客が気持ちよく利用できるようにする必要があるといえるでしょう。

 

民泊で特に清掃すべき箇所

民泊で特に意識して清掃したい箇所には以下が挙げられます。

  • お風呂・洗面所
  • トイレ
  • 客室
  • キッチン
  • ベランダ・庭

それぞれ、掃除のときには「自分が利用客だったらどう感じるだろう」と、相手の気持ちになって掃除しましょう。前の利用客の痕跡が残らないことを意識して、清掃することが大切です。

 

お風呂・洗面所

お風呂や洗面所は、水回りなので汚れやすく、使用感も感じやすい場所です。前の利用客の痕跡を感じないためには「髪の毛が落ちていないか」「髪の毛が詰まっていないか」「コンタクトレンズが落ちていないか」「鏡に水垢や指紋が残っていないか」「臭いはないか」など意識して清掃しましょう。

また、シャワーヘッドの向きは正しいか、蛇口は使いやすいかなども同時にチェックできます。水の流れが悪くなっていたり、排水口からの臭いが気になったりする際は、液体パイプクリーナーや、お酢と重曹を使ってパイプの清掃をしましょう。

 

トイレ

トイレは特に意識して清掃したい箇所です。「トイレットペーパーの置き方は清潔感があるか」「誇りや汚れが残っていないか」「臭いはないか」などを特に意識して清掃しましょう。

トイレはアンモニア臭やカビ、排泄物など、臭いが発生する要素がたくさんあります。特に、飛び散った尿が、壁や床についたままになっていることがあります。時間が経過すると、アンモニア臭が発生しますので、便器だけでなく、壁や床なども徹底的に掃除しましょう。

 

客室

宿泊客が泊まる客室は、前の利用客の痕跡が残りやすく、見落としやすい箇所です。「髪の毛が落ちていないか」「布団にコンタクトレンズが落ちていないか」「シーツは清潔な状態か」など意識して清掃しましょう。シーツが前の利用客のものだったり、臭いが残ったままだったりすると、マイナスポイントです。清潔感が感じられるように、特に意識しましょう。

さらに注意したいのは、タバコの臭いです。タバコの臭いが気になる人は多く、部屋やカーテンなどに染み付いた臭いはなかなか取れません。対策を考えましょう。

 

キッチン

キッチンも、排水口から臭いが発生しやすく、ゴキブリなどの害虫も侵入しやすいので、しっかりと清掃をしましょう。「ゴミ箱や排水口に前の利用客の生ゴミが残っていないか」「油汚れでベタベタしていないか」「冷蔵庫の中は食べかすや液ダレの後がないか」「食器類はきれいに並んでいるか」「調味料を置いている置き場は、清潔か」など確認します。特に汚れやすい場所なので、徹底して掃除しましょう。

 

ベランダ・庭

家の中ばかり意識して、うっかり忘れがちなのはベランダや庭などの外回りです。外観が汚いと、家の中に入る前に利用客のテンションは下がります。「ベランダに枯葉ゴミが溜まっていないか」「庭の草が生えて荒れ放題になっていないか」「ゴミが落ちていないか」など意識しましょう。

また、ゴミ出しのルールを知らない利用客がゴミを外に放置している可能性も考え、ゴミが落ちていないかを徹底的に確認することも大切です。

 

民泊の清掃は代行会社に依頼する選択肢も

民泊の清掃のために、時間を割けないオーナーも少なくありません。特に民泊を何件も経営している場合や、仕事の片手間に民泊を経営している場合は、代行会社に依頼することも検討できるでしょう。

本項目では、民泊の清掃を代行会社に依頼する場合の対応範囲や、料金相場について解説します。

 

民泊清掃代行の対応範囲

空き家の清掃代行の対応範囲は、清掃会社によって異なります。
例えば、部屋の清掃、ゴミの持ち帰り・リネンの交換・洗面所、浴室の清掃・トイレの清掃・キッチンの清掃玄関周辺の清掃などがプランに組み込まれていることが多いです。

また、清掃会社によっては、コインランドリーでのリネンの洗濯がプランに入っていることもあります。オプションで、特に汚れがひどい場所の清掃、エアコン清掃がついていることも珍しくありません。

 

民泊清掃代行の料金相場

民泊清掃代行の料金設定は、業者によって異なります。例えば、時間で設定されているもの、家の間取りによって設定されているもの、面積によって設定されているものなどです。また宿泊するゲストの人数によって追加料金が発生することもあります。

料金設定の目安を、下記にまとめました。ただし、あくまで目安で業者によって異なります。

 

【面積によって設定されているもの】

面積のサイズ料金設定
30㎡まで3000円〜6000円
50㎡まで4000円〜7000円
80㎡まで6000円〜10000円
80㎡以上8000円〜

 

【間取りによって設定されているもの】

間取り費用設定
1K〜1DK約6000円〜
1LDK〜2LDK約7000円〜
2LDK〜3LDK約9000円〜
3LDK〜約10000円〜

 

民泊清掃代行業者の選び方

民泊清掃代行業者を選ぶ場合、できるだけ安く抑えたいと思うことでしょう。しかし、安さだけで決めるとトラブルになりかねません。信頼して任せられる業者や、わかりやすい料金設定を提示している業者を選びましょう。ここでは、民泊清掃代行業者の選び方について解説します。

 

清掃の対応範囲

清掃の対応範囲を確認しましょう。先ほど紹介した通り、民泊清掃会社はプランによって対応範囲が異なる場合が少なくありません。
対応している場合でも、オプションで別途料金が発生する可能性もあります。例えばゴミ出し込みの値段の場合と、別途料金が発生する場合があるでしょう。「水回りやリネン関係など、ポイントを押さえたい箇所に対応しているか」「別途料金は必要なのか」などとチェックしておきましょう。

 

トラブル対応の有無

清掃代行会社が「賠償責任保証」に加入しているか、確認することも大切です。故意ではないとはいえ、清掃中に装飾品や食器、家電などが破損する可能性は少なくありません。「賠償責任保証」に加入している清掃代行会社だと、トラブルが起きたときに保証してもらえます。特に、部屋にオブジェや絵などを飾ってオシャレなインテリアを意識している部屋は、トラブルが起こる可能性を考えて対策することも大切です。

 

清掃チェック体制

清掃後のチェック体制が整っているかについても確認しておくと安心です。「水回りにゴミは残っていないか」「リネンは清潔な状態になっているか」など、気になることでしょう。清掃後に連絡を入れるシステムが整っている会社を選ぶとトラブルが少なくなります。例えば、写真付きで報告するシステムを徹底している代行会社だと安心です。ただし、契約した直後は特にできるだけ自分の目で確認することをおすすめします。

 

施工から運営までをお任せ! 民泊を始めるならココミンカへ

民泊経営は、清掃だけも考えるべきポイントがたくさんあります。それに加え、集客方法を考えたり、適切な物件探しをしたり、家を整えたり、民泊仕様にリノベーションをしたりと、本当にやらなければならないことが多いですよね。「民泊経営をしたいけど、時間も労力もかけられない」と思うことはありませんか。

「ココミンカ」では、民泊経営の代行サービスを行っています。物件探しから、法律上の手続き、リノベーションのデザイン、運営まで全て代行させていただきます。民泊運営をはじめたい方に、おすすめの代行サービスです。ぜひお気軽にご相談ください。

サービス詳細はこちら

 

労力を削減して民泊運営を始めよう!

民泊の清掃を徹底することは、民泊運営を成功に導くために欠かせません。利用客がストレスなく快適に過ごすためにも、口コミで良い評判を得るためにも、水回りや客室な