古い家の雨漏り修理は自分でもできる? 対策や注意するポイントを解説!

雨漏りの問題を抱えている古い家は多く、家を活用しようと考えている場合、修理は欠かせません。「雨漏りの修理は自分でできる?」「雨漏りが起こったときにどこに頼む?」「そもそもお金がない」と、悩む方もいるでしょう。今回は古い家の雨漏りの修理・対策方法や費用について解説します。

 

古い家で雨漏りが起きる原因

古い家は、雨漏りの問題を抱えがちです。古い家で雨漏りが起きやすいのは、建物の劣化が進んでいることが影響しています。例えば屋根がひび割れて隙間ができたり、防水シートが劣化していたり、板金部分が腐食したりする原因が考えられます。
古い家の雨漏りは、家全体で起こる可能性も高く、できるだけ速く対策をしなければなりません。

 

古い家の雨漏りは自分で修理できる?

雨漏り修理は自分でやりたいという方もいるでしょう。壁や窓など小さい範囲の場合は自分で対応できることもあります。しかし、屋根からの雨漏りの場合は瓦を外して葺き替えたり、屋根材の交換をしたりという、大規模な作業が伴うこともあります。専門的な知識がなければ難しいでしょう。
特に古い家の場合は、現在の家の造りと異なるので、修理をするのに経験と技術が必要です。さらに傾斜があり、高い場所で作業しなければなりません。足場が整っていない中で、ハーネスなどの装備もせずに作業をするのは落下の可能性があり危険です。屋根の修理を本格的にするのであれば、信頼できる業者に頼む方がよいでしょう。

 

自分でできる雨漏りの修理・対策方法

「業者が工事をするまでの間、雨漏りをなんとか防ぎたい」と、思うこともあるでしょう。自分でできる雨漏りの修理・対策方法には以下のようなものがあります。
あくまで応急処置であり、完全に修理できるわけではありませんが、一時的に雨漏りをしのげます。

  • ブルーシートをかける
  • 防水テープを貼る
  • コーキングで補修

 

ブルーシートをかける

大きめのブルーシートを屋根の上に被せて、雨漏りをしのぐ方法があります。必要な道具は「ブルーシート」「砂利を入れた袋」です。全てホームセンターで簡単に購入できます。ブルーシートを屋根にかけたあと、砂利を入れた土嚢袋を置いて風邪で吹き飛ばないようにしましょう。また屋根の上の作業は、危険です。1人で作業しない、足場を安定させる、滑りにくい靴を履く(屋根専用のものなど)、などに気をつけて、作業してください。

 

防水テープを貼る

防水テープを貼ることも一時的な対策方法として効果的です。防水テープも、ホームセンターで購入できます。必要なものは「防水テープ」「雑巾」です。まずは、雨漏りしている箇所を雑巾できれいに拭き、乾燥させます。雨水が流れる箇所に、テープを貼り付けます。このとき、下流から上流に向かってテープを貼り、空気が入らないようにしてください。防水テープは広範囲で貼らずに、雨水が流れている箇所のみにしましょう。

 

コーキングで補修

雨漏りしている隙間が特定している場合は、コーキング材で隙間を埋めることもできます。必要なものは「コーキング材」「コーキングガン」「マスキングテープ」「プライマー」「ヘラ」「雑巾」です。雑巾でコーキング作業をする箇所をきれいにした後で、マスキングテープで養生します。その後、コーキングガンでコーキング作業をしましょう。ヘラで、コーキング材を撫でて、均等にします。ヘラがない場合は、水や石鹸水で濡らした指で、コーキング材を撫でるとよいでしょう。コーキング材が乾く前に、マスキングテープを外します。

 

雨漏りが起きたときに確認すべきポイント

雨漏りが起こった場合、どこで起こっているのか、どんな状況なのか、どの状況で雨漏りするのか、建物の状態、などを確認しましょう。古い家が雨漏りする要因はいくつかあるため、ポイントを絞って確認することが大切です。例えば「屋根」「外壁」「窓とサッシ」「室内」「ベランダ」など、家の場所ごとに確認できます。
例えば以下をチェックしてみましょう。

  • 亀裂が入っていないか
  • パーツが剥がれていないか
  • ゴムや素材が劣化していないか
  • 瓦がずれていないか
  • 壁に水が染みている跡がないか

晴れの日にホースで水をかけて、部分的にチェックするのもおすすめです。時間をかけてゆっくりと確認しましょう。

 

雨漏りの修理費用

雨漏りの修理費用は、全面的な修理か部分的な修理かによって異なります。雨漏りしているところだけ、修理する部分的な修理の場合、10万円前後で収まることもあるでしょう。
しかし、リノベーションをするなど全体的な修理の場合は、100万円以上かかり300万円することもあるのです。
特に古い家の場合、全体的な修理の必要なケースが多いため、修理費用が高額になる可能性は否めません。雨漏りの修理としては、塗装・屋根の葺き替え・屋根修理・サッシの修理などいろいろなものが考えられます。業者と相談しつつ、作業工程を決定しましょう。

 

雨漏りの原因によっては火災保険が適用されることも

雨漏りの修理は状況によっては火災保険が適用されることもあります。例えば雨漏りの原因が「風災」の場合、火災保険が適用されます。具体的には、暴風雨の影響で瓦が飛ばされた、台風で屋根や壁が壊れた、などの理由により雨漏りが発生した場合は、保険が適用されるでしょう。
また「雪災」が原因で雨漏りが発生したときも、火災保険が適用になることがあります。例えば「積雪のせいで雨樋が壊れた」などの状況が考えられるでしょう。火災保険が適用になるケースかについては、保険会社に問い合わせてみてください。

 

売れないボロボロの空き家も「フリーノベーション」で有効活用ができる!

「雨漏りを修理したいけどお金がない」「雨漏りを修理したところで古い家の活用方法がない」という方は、フリーノベーションを検討するのはいかがでしょうか。
フリーノベーションとは、弊社と契約していただき、弊社が空き家をリノベーション、賃貸経営するというサービスです。雨漏りの修理を含むリノベーション費用は、弊社が負担します。賃貸借契約を結ぶため、オーナー様は一切の負担がかからずに、家賃収入が手に入ります。
フリーノベーションにより、古い家が見違えるように生まれ変わり、活用されるためもう「古い家の管理」について悩む必要はありません。また、契約終了後はリノベーション済みの家が手元に戻ります。古い家の管理について悩んでいらっしゃる方はぜひ、ご検討ください。