古い家の水回りリフォーム費用の相場とは? リフォームのポイントや補助金をご紹介

造りが古くて不便などの理由で、古い家の水回りをリフォームしたいという方も多いでしょう。そこで今回は、古い家の水回りリフォームの相場やポイントについて詳しく解説します。また、水回りリフォームで活用できる補助金も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

古い家の水回りリフォーム費用の相場

古い家の水回りをリフォームは、リフォーム範囲とグレードによって費用に大きく差がでます。ここでは、水回り3点セット・4点セットと場所ごとに分けて、水回りリフォームの費用相場を紹介します。

 

水回り3点セット・4点セットのリフォーム費用相場

水回りのリフォームをまとめて行う場合、3点セット・4点セットのセット料金で施工できる可能性があります。水回り3点セット・4点セットのリフォーム費用相場は、以下の通りです。

  • 【水回り3点セット】70~200万円程度
  • 【水回り4点セット】150~300万円程度

水回り3点セット・4点セットのリフォーム相場は、グレードによっても費用が大きく異なります。ハイグレードな設備を選んだ場合、相場以上の費用がかかってしまう可能性もあります。しかし、セット料金で施工することによって、1つずつ施工するよりも費用を抑えることが可能です。

 

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォームでは、キッチンを新しいものへ入れ替えるリフォームが一般的です。
しかし、食洗器の導入などの簡易的なリフォームから、キッチンを新しくしてキッチンの場所を移動するなどの大規模なリフォームまであることを覚えておきましょう。

キッチンのリフォーム費用の相場は、50~150万円程度、場所の移動やレイアウトの変更がある場合はプラス30~70万円程度かかります。コンロの交換や食洗器の導入など、部分的なリフォームの場合は、費用相場は10~30万円程度といわれています。

 

お風呂のリフォーム

お風呂のリフォームでは、ユニットバスの交換を行うのが一般的です。しかし、古い家のお風呂は、在来工法でつくられた“在来浴室”が採用されていることも少なくありません。
在来浴室からのリフォームの場合、通常よりも多くの費用がかかってしまうこともあるので、注意が必要です。
お風呂のリフォーム費用の相場は、50〜250万円程度とされています。古い家の場合、給排水管などが老朽化してしまっているケースもあり、その場合、補修や交換などの追加費用が必要となってしまう可能性もあります。

 

洗面所のリフォーム

洗面所のリフォームでは、洗面台の交換を行うのが一般的です。しかし、洗面ボウルのみの小規模なリフォームから造作洗面台の作成まで、リフォームの規模にも差があります。

洗面台の交換だけでなく、洗面所のクロスや床を張り替えるなど、まとめてリフォームするケースも多いのもポイントです。洗面所のリフォーム費用の相場は、洗面台の場合10~50万円程度、クロス・床の張り替えの場合+5~10万円程度かかります。

洗面所は、洗面台のグレードやシャワー水栓の設置、収納の有無などによって、費用が大きく異なることを覚えておきましょう。

 

トイレのリフォーム

トイレのリフォームでは、便器の交換のみを行うのが一般的です。現代の主流は水洗トイレですが、古い家の場合は“汲み取り式トイレ”が使われていることもあります。その場合には、通常のトイレの交換リフォームよりも費用が嵩んでしまう可能性があります。

トイレのリフォーム費用の相場は、一般的に10~60万円程度。
汲み取り式から簡易水洗トイレにリフォームする場合は30万円~70万円程度、汲み取り式から水洗トイレにする場合は60万~100万円程度程度、汲み取り式から水洗トイレ(浄化槽設置型)にする場合は100~200万円程度かかります。

 

水回りリフォームのポイント

水回りのリフォームを行う際には以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 見えない部分の劣化も確認
  • 工事期間の目安を知っておく
  • 業者選びは慎重に行う

 

見えない部分の劣化も確認

水回りは、一見きれいで問題なく使用できていても、見えない部分が劣化している可能性があるので、注意が必要です。
特に古い家の場合、設備の耐用年数を大幅に過ぎてしまっている可能性があります。
なかなかチェックすることのないシンク下や排水口・配管などが劣化・腐食していると、後々問題が発生してしまう恐れがあります。そのため、リフォームを行う時には、しっかりと見えない部分の劣化具合を確認しておきましょう。

 

工事期間の目安を知っておく

水回りがずっと使用できない環境は、生活が非常に不便になってしまいます。そのため、リフォームの依頼をする前に工事期間の目安を把握しておくことが大切です。

【水回りの工事期間の目安】

  • キッチン:2日~1週間程度
  • お風呂:2日~2週間程度
  • 洗面所:1~2日
  • トイレ:1~2日

お風呂リフォームは、在来工法でつくられた在来浴室の場合、通常よりも工期が長い傾向があります。

 

業者選びは慎重に行う

古い家で水回りのリフォームを成功させるなら、業者選びが重要なポイントです。通常のリフォームは何度か請け負っていても、古い家のリフォームを請け負ったことのある業者は多くはありません。

古い家の場合は、現代の住宅では使われない技術が必要となる可能性もあるため、業者選びは慎重に行う必要があります。これまでの施工実績や施工事例などを確認し、信頼できる業者を見つけましょう。

 

水回りリフォームには補助金が出る?

水回りのリフォームを検討されている場合、「補助金を利用したい」と考える人も多いはず。
ここでは、一例として以下3つの水回りリフォームで使える補助金について紹介します。

  • こどもエコすまい支援事業
  • 住宅リフォーム補助金制度(埼玉県富士見市)
  • 住宅改修支援事業補助金(神奈川県海老名市)

 

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、2050年のカーボンニュートラルの実現を図る事業です。子育て世帯・若者夫婦世帯に手厚い制度ですが、リフォームの場合は“全世帯”が補助金の対象となります。

【補助金額】

  • 実施する補助対象工事・工事発注者の属性等に応じて5~60万円

こどもエコすまい支援事業の補助金を受けるためには、一定の条件を満たす必要がありますが、ビルトイン自動調理対応コンロや食洗器など家事負担の軽減に資する住宅設備の導入も補助金の対象となります。

こどもエコすまい支援事業は、国が運営している事業なので、補助金を利用したい場合は、こどもエコすまい支援事業の公式サイトをチェックしてみましょう。

 

住宅リフォーム補助金制度(埼玉県富士見市)

住宅リフォーム補助金制度は、埼玉県富士見市民が市内の施工業者により“個人住宅”のリフォームを行う場合、費用の一部を補助する制度です。

【補助金額】

  • 20万円以上の対象工事費の5%にあたる額(上限10万円)

住宅リフォーム補助金制度を利用するためには、一定の条件を満たす必要がありますが、キッチン・お風呂・トイレなどの水周りのリフォームでも利用できます。

 

住宅改修支援事業補助金(神奈川県海老名市)

住宅改修支援事業補助金は、“個人住宅”のリフォームを行う場合、費用の一部を補助する制度です。

【補助金額】

  • 一般住宅改修支援補助金:工事費用の5分の1(上限20万円)
  • 多世代同居住宅改修支援補助金:工事費用の5分の1(上限30万円)

住宅改修支援事業補助金を使うためには、工事費用が10万円以上などの一定の条件を満たす必要がありますが、お風呂・キッチン・洗面所・トイレの水回りリフォームにも活用できます。

 

古い家を持て余している方は「フリーノベーション」での活用がおすすめ

水回りリフォームには、高額な費用がかかってしまい、金銭的に大きな負担になってしまいますよね。特に使っていない家などの場合は、修理にお金をかけたくないという方もいるでしょう。もし、金銭的な負担を軽減したいなら、弊社の新しい古民家活用サービス「フリーノベーション」を検討してみてはいかがでしょうか?フリーノベーションならば、オーナー様の金銭的負担なく古い家を蘇らせることが可能です。

フリーノベーションは不要な家を弊社に預けていただき、オーナー様は負担ゼロで賃貸経営ができるサービスです。契約終了時には、リノベーションされた古民家とな