最大の難点が最大の魅力に! 遊び心満載の誰もが楽しめる民泊「Tokyo Ninja 屋敷」

今回紹介するのは昨年オープンした「Tokyo Ninja 屋敷」という、その名の通り「忍者」や「からくり屋敷」をモチーフにした民泊施設。
最大の不安材料であった「迷路のような間取り」を全面的に活かし、施設のコンセプトに昇華させた事例です。

 

依頼の流れ・現地調査

今回は、以前の持ち主から土地・建物すべてを買い取った不動産業者様からのご依頼でした。
すでに取り壊し時期が決まっている「定期借家」として賃貸に出されていた物件で、そういった契約期限や築年数、間取り等でなかなか借り手が見つからないとのご相談を受けました。

 

間取り

建物は、木造2階建て、築65年、間取りは6DKの古民家です。
不動産業者様を挟んでいるので、以前はどのような方が住んでいたか、空き家の期間はどのくらいかといった詳細は不明です。

 

迷路のような導線

現地にお邪魔してまず感じたのは「迷路みたい」ということ。
それは「振り分け」という各部屋への独立した動線の確保がされておらず、ふすまや扉でつながっている別の部屋がそれぞれ動線になっている間取りが大きな要因と考えられます。

また、間取り図では廊下に見える部分も、実は屈まないと通れない隠し通路のようになっていたり、かなり特殊な設計がされている建物でした。

そして階段。
間取り図を見ていただくと、ダイニングに階段が2つあることがわかるかと思います。これも迷路のような造りを印象づけています。

その他「定期借家」で建物の使用期限が決まっていること、そして最寄駅から距離があること等、運用面での懸念材料も多い物件でした。

弊社では、物件のオーナー様から今回のような不動産業者様はじめ企業・団体様まで、土地建物のことでしたら幅広く対応しておりますので、相続・活用でお悩みの方は是非一度ご相談くださいませ。

 

コンセプト

目下の課題は、この特殊な造りをどう使うか、どう見せるか、でした。

しかし、不動産業者としては頭を悩ませる要素ですが、一個人としてはワクワクする気持ちもあります。
同じように、暮らすことを考えるとマイナスに感じる部分も、遊びに来るなら絶対に楽しいはず。
そこで今回は、これまでの主であったシェアハウスではなく民泊として活用することを決め、またテーマパークのような場所を作れないかと考えました。
そして、古民家の内装、迷路のような間取り、それらを活かすテーマパークは「忍者」ではないか?
実はすでに、現地調査の最中にはその構想まで出来上がっていました。

古民家リノベーションでシェアハウス運用をしていた弊社ですが、こちらの物件に携わったのは民泊への参入を始めたばかりのころ。
物件の仕様としても、打ち出したコンセプトとしても、かなりの挑戦であったことは間違いありません。

 

工事過程

建物は古くなっても、当時の職人たちが手掛けた伝統的な家屋や繊細なデザインの価値は変わらず、むしろ長い年月をかけたからこそ出てくる味や趣があります。
そして、オーナー様が大切に使ってきた証や歴史のバトンも繋いでいきたいという思いから、弊社は「残せるものは残す」をモットーに古民家再生を行っています。

しかし、今回は特にそれが顕著です。
暮らしやすさ・利用しやすさを考え、壁や柱を取り除く間取りの変更は否めない古民家再生ですが、使いづらい間取りすら今回は価値になります。
いつもとは違い、今回は修繕やコンセプトに合わせた仕掛けづくりといった細かな工事がメインとなりました。

 

DIY会

施設オープンの約半年前、DIY会から工事はスタート。壁の漆喰塗りとオイルステイン塗りを行いました。

一部屋、一面だけでも大変な漆喰塗りですが、多くの方にご参加いただき〈攪拌機の大きさも用意した漆喰の量もかなりのものでした〉、とても素早くきれいに仕上げることができました。

浴室

浴室はタイル張りからモルタルに。
シャワールームだけという施設も多い中、ご家族連れのお客様を見越し、浴槽と広い洗い場は残しました。

仕掛け

今回のメイン工事、仕掛けづくりが始まります。
抜け穴、どんでん返し、アイデアは浮かびますしイメージも共有できるけれど、どのように形にしたら良いかわからない。
特殊な依頼なので造り慣れている職人さんもおらず、皆で試行錯誤を繰り返しました。