無償で空き家を蘇らせる!! 初期費用ゼロ円で賃貸経営を始めてみませんか?

空き家活用サービス「フリーノベーション」(FreeNovation)では、不動産オーナー様の負担を「ゼロ円」で空き家活用できる仕組みを実現しています。相続などで家族から譲り受けた空き家。いざ活用してみようとリフォームやリノベーションの見積もりを取ってみると数百万円~数千万円の高額な見積もりが出てくるなんてことも少なくありません。

空き家活用サービス「フリーノベーション」は、そんなオーナーが抱えるリスクをゼロに抑えてくれる画期的な新サービスです。

 

ゼロ円で空き家活用「フリーノベーション」

 

劣化してしまった空き家のリフォーム費用は数百万~数千万円の高額費用になることは決して珍しいことではありません。

特に築年が古い物件であるとプロのリフォーム専門業者であっても、予期せぬ修繕工事が発生することもあり、工事自体が難しいこともさることながら、ある程度工事が進むまでは正確な見積りが出せないケースがほとんどです。中には契約した金額以上にリフォーム業者から追加費用を請求されてしまうケースも少なくありません。

ココミンカの空き家活用サービス「フリーノベーション」は、空き家オーナーのリスクをゼロにする革新的な新しい空き家活用サービスです。

 

 

「フリーノベーション」では、マスターリース契約(転貸借可能契約)を結ぶことによって、空き家活用に必要な高額な費用を不動産オーナー様が負担することなく賃貸経営が可能です。本来オーナー様が負担する以下の費用をすべて弊社で負担をさせて頂きます。

  1. 内装工事費用(床:フロアタイル、フローリング仕上げ 壁:クロス、漆喰仕上げ)
  2. 外構工事費用(植栽や庭の手入れ)
  3. 電気工事費用(ライティングレール、シーリング、防犯カメラなど)
  4. 設備工事費用(キッチン、トイレ、洗面、給湯器など)
  5. 防水工事費用(雨漏り等ある場合など、部分補修工事)
  6. その他雑工事(宅配ポスト、電子錠など)

実際の工事内容は現地調査後にご提示させていただきます。運営方法によって、利用する設備や建材等がそれぞれ異なりますので、詳細はプランニング資料や事例紹介をご確認ください。

 

「フリーノベーション」をご利用されている方の一例

実際に空き家活用サービス「フリーノベーション」をご利用いただいているオーナー様の一例をご紹介させていただきます。

  1. 相続で家族から譲り受けた空き家の利用方法に困っている
  2. 不動産業者に高額なリノベーション費用を提示された
  3. 不動産の売却がなかなか進まない、売れない
  4. 借地権付き物件で地主との交渉が上手くいかない
  5. 再建築不可、共有持分物件で困っている
  6. 賃貸経営を始めてみたけれど、空室期間が長く、困っている

「フリーノベーション」が可能な物件

「フリーノベーション」はあらゆる不動産物件に対応しております。広さや築年数などの制限などもございませんので、どんな物件でもお気軽にお問い合わせください。

  1. 戸建住宅
  2. 一棟アパート、一棟マンション(一部の空室も可)
  3. 区分マンション(管理規約による)
  4. ビル
  5. 社宅、寄宿舎
  6. 倉庫

「フリーノベーション」3つのメリット

空き家活用サービス「フリーノベーション」の主なメリットを3つ紹介させていただきます。

安定した家賃収入が手に入る

「フリーノベーション」では、「マスターリース契約」(※1)を結ぶことによって、長期間の安定した家賃収入を手に入れることができます。また、契約期間中の家賃はすべて固定家賃の「家賃金額完全保証」。契約途中で家賃が下がるという心配もありません。これは80年以上賃貸経営をしてきたココミンカだからできる、安心の賃貸経営です。

  1. 契約期間は5年~20年で選択が可能
  2. 契約期間中の家賃は固定家賃(家賃金額完全保証)
  3. 契約期間中の家賃減額は無し

※1 マスターリース契約(転貸借可能契約) :テナント(借り手)が賃貸借契約中に、第三者に転貸(再度貸し出すこと)することが認められた契約

リノベーションされた家が戻ってくる

「フリーノベーション」では契約満了後に綺麗にリノベーションされた家がオーナー様のお手元に戻ります。リノベーションした借家人が持つ権利である「造作買取請求権」(※2)を破棄した契約としているので、無償でリノベーションされた家をオーナー様ご返却することが可能です。また、オーナー様のご希望があれば、賃貸借契約は契約満了後も引き継ぐことが可能です。そのまま賃貸経営を始めることもできますし、いざ売却しようとすればすでにリノベーションされた建物を売却することになりますので、空き家だった時に比べて、高価格で売却することも可能です。

  1. リノベーションされた家が戻ってくる(もちろん無料)
  2. 賃貸借契約を引き継ぐことも可能
  3. 売却時にも有利。空き家の状態に比べて高価格での売却が可能

※2 造作買取請求権:テナント(借り手)が賃貸借契約終了時に、オーナー(貸し手)に対して、テナントが施した改装や設備投資(造作)の買い取りを請求する権利

 

運用中の費用もすべてゼロ円

「フリーノベーション」での賃貸経営中もオーナー様の費用負担はございません。「フリーノベーション」ではココミンカが自社直接に賃貸運営しているので、余計な費用は一切かかりません。また、賃貸運営中に発生する水道光熱費や経年劣化によるリフォーム費用などもすべてココミンカで負担させていただきます。

  1. 広告宣伝費(AD)
  2. 水道光熱費、通信費
  3. 入退去時のリフォーム費用
  4. 水漏れ、雨漏りなどの修繕費用

なぜゼロ円で賃貸経営が可能なのか?

それは80年以上賃貸経営をしている空き家の活用方法を熟知したココミンカだからこそできる、適正なリノベーションと高い稼働率があればこそ。そんな「フリーノベーション」の賃貸運営方法について、ご紹介させていただきます。

ココミンカでは空き家活用に際して、近隣の皆様のご不安に配慮して、DIY体験会や内覧会などを実施しております。

長年放置されてしまった空き家は近隣の方にとって、決してポジティブなものではありません。日照が遮られたり、虫が発生してしまったり、場合によっては獣害による悪臭がでることもあります。そんな空き家に人が出入りし始めると近隣の皆様はどうなるのか不安に思われる方も少なくないのです。

空き家の再生はただ建物を綺麗にするだけで終わりなのではなく、新たにその建物に住んでいただく方に安心していただけるように、長年地域交流から外されてしまった「空き家」を再び、地域の一員として近隣の皆様に迎えていただけるように心がけております。

シェアハウス

シェアハウスは複数の人が共同で生活する住居形態の一つです。シェアハウスでは、個々の部屋がプライベートスペースとして利用される一方、キッチン、リビングルーム、バスルーム、トイレなどの共有スペースが設けられ、住人たちが共同で使用します。

シェアハウスを利用する顧客の7割以上が地方から首都圏に上京してくる20代~30代の日本人女性です。ココミンカでは女性専用シェアハウスを中心に、近隣クレームなどを抑えた安心のシェアハウス運営を行っております。

DIY可能型賃貸

DIY可能型賃貸とは、入居者が自由に内装のリフォームを行うことのできる賃貸物件で、入居者は自分の好みやニーズに合わせて物件をカスタマイズすることが認められている、人気の高い賃貸物件です。

「フリーノベーション」では重要な住宅設備である、水道、ガス等については事前にリフォームを行った状態で引き渡しを行いますので、入居者は安心安全なDIY可能型賃貸を楽しむことができます。

住宅宿泊事業(民泊)、旅館業

住宅宿泊事業とは、民家やアパートメントなどの一般住宅を短期間貸し出す事業のことです。このような事業は、旅行者やビジネスマンなど、短期間の滞在先を求める人々を対象にしています。民泊やバケーションレンタルとも呼ばれ、Airbnbなどのオンラインプラットフォームを通じて提供されることが一般的です。

2023年4月現在、すでに訪日外国人はその数が180万人を超え、今年から来年にかけてコロナショック以前の訪日外国人数(250万人/月)に超える勢いです。特に都内のホテルは宿泊費が高騰しており、東京オリンピックの開催直前の活気が戻ってきています。

一方で近隣からのクレームやトラブル