古民家の外壁リフォーム方法とは? そのやり方から外壁材の種類や費用なども解説

古民家の外壁リフォームの方法は大きく分けて、「塗り替え」「張り替え」「カバー工法」の3種類あります。今回は、古民家の外壁リフォーム方法や外壁材の種類について詳しく解説します。古民家の外壁リフォームの費用についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

古民家の外壁リフォームの方法とは?

古民家の外壁リフォーム方法には主に、3つの種類があります。古民家の外壁に合わせて、適した外壁リフォームの方法を選びましょう。

  • 塗り替え
  • 張り替え
  • カバー工法

 

塗り替え

古民家の外壁のリフォーム方法で最も主流となるのが、「塗り替え」です。塗り替えは、外壁の塗装をしなおす工法です。古民家の趣や風合いを保ちつつ美観を向上させ、機能面を向上させることができます。

もとの外壁によって、塗り替えで使用する素材は異なりますが、塗り壁の場合は漆喰、板張りの場合は渋柿が一般的です。渋柿は、防水や防虫、防腐性があるので、板張りの外壁と相性がよいという特徴があります。

 

張り替え

板張りの外壁で、劣化が激しい場合には、「張り替え」が採用されることが多いです。張り替えは、既存の外壁材の撤去後に、新たな外壁材を設置する工法です。
張り替えによる外壁リフォームでは、既存の外壁材を撤去した後に内部の補修が可能なため、古民家の耐久性をアップさせることもできます。

ただし、比較的大規模なリフォームとなるため、費用がかかってしまうデメリットがあります。

 

カバー工法

古民家の外壁リフォームで、塗り替えだけでは不十分なケースでは、「カバー工法」が選択される場合があります。カバー工法は、既存の外壁材の上に新たな外壁材を設置する工法です。張り替えとは違い、既存の外壁材を撤去しないので、リフォームにかかる期間や費用を抑えられます。

ただし、外壁が二重になることで、重量が増えてしまうので、注意が必要です。重量が増えることで建物への負担が大きくなり、耐震性が低下してしまう危険性もあります。

 

古民家に使われる外壁材の種類

古民家の外壁リフォームをする際には、まずは古民家に使用されている外壁材の種類を把握することが大切です。古民家には、主に以下のような外壁材が使用されています。それぞれの外壁材の特徴などについて詳しく解説します。

  • 漆喰
  • 杉板
  • トタン

 

漆喰

漆喰は、消石灰を主成分として糊・スサなどを加えて作った建築材料で、「呼吸する壁」と呼ばれています。漆喰の特徴には、耐用年数が長い、マットで高級感のある仕上がりになる、などが挙げられます。

漆喰は、メンテナンス次第で、寿命が100年を超えると言われてるほど耐久性が高いのが特徴です。漆喰の外壁は、マットな質感で高級感のある仕上がりとなり、外壁だけでなく室内の壁や天井などにも使用されることもあります。

 

杉板

杉板は、杉木から作られた板材で、美しい風合いと経年変化を楽しむことができます。
杉板の特徴には、経年変化を楽しめる、耐久性や防腐性に優れている、などがあります。

自然の杉木から作られる杉板は、工業製品にはない風合いと経年変化を楽しむことができるのが特徴です。一部が劣化してしまっても、その部分だけ交換できるのもポイントです。耐久性や防腐性にも優れており、耐用年数は30〜50年程度だと言われています。

 

トタン

薄い鉄板に亜鉛メッキのコーティングを施した建築資材で、「亜鉛メッキ鋼板」とも呼ばれています。トタンの特徴には、軽量で耐震性が高い、価格が安い、などが挙げられます。

トタンは、現代の外壁材として主流である窯業系のサイディングと比べて約3分の1程度の重量で、地震に強いのが特徴です。ほかの建築資材よりも、比較的価格が安いので、建築費を節約できるメリットがあります。

 

古民家の外壁リフォームはDIYできる?

外壁リフォームをDIYで行いたいと考える方も少なくありませんが、古民家の外壁リフォームはDIYでできるのでしょうか?
結論から言えば、DIYで外壁リフォームをすることは不可能ではありません。DIYであれば、費用を抑えることが可能で、自分の好きなタイミングで施工することが可能です。

しかし、外壁リフォームの仕上がりは技術力に大きく左右されることはもちろん、プロでなければ分からない劣化症状もあるため、DIYは控えた方がよいでしょう。古民家の外壁リフォームをしたい場合は、専門の業者に相談するのがおすすめです。

 

古民家の外壁リフォームにかかる費用

古民家の外壁リフォームにかかる費用の相場は、15千円〜5万円/㎡程度です。
全体的には、50~400万円程度の費用相場となるでしょう。リフォーム方法別の外壁リフォームの費用相場は以下の通りです。ただし、外壁の状態や外壁リフォーム方法によって、必要となる費用は大きく異なるので、あくまで目安として参考にしてみてください。

リフォーム方法費用相場
塗り替え50~180万円程度
張り替え150~400万円程度
カバー工法130~230万円程度

 

古民家外壁リフォームの注意点

古民家の外壁のリフォームは、古民家に適した材料の選定やリフォームの施工にも専門的な知識や技術が必要です。だからこそ、古民家の知見がある業者を探すことが最も重要なポイントといえます。
古民家の外壁リフォームでは、古民家の既存の外壁の劣化の状態をしっかり見極めて、適した外壁リフォーム方法を選択しなければなりません。古民家の劣化の状況によっては、内部の補修を必要とすることもあります。その場合、想像以上に費用が嵩んでしまうこともあるので、注意しましょう。
また、古民家の良さを残すためには、外壁リフォームをする際、古民家の趣や風合いを損なわないようなリフォームを選択しましょう。

 

不要な古民家を保有している方には「フリーノベーション」がおすすめ

古民家の外壁リフォームには、多くの費用と労力が必要となりますよね。もし、費用面でリフォームせずに持て余している古民家があるのなら、費用・負担ゼロでできる「フリーノベーション」をぜひご検討ください。
フリーノベーションは、オーナー様の費用負担はなく、家賃収入が手に入る仕組みのサービスです。弊社負担で古民家のリノベーションを行い、賃貸契約終了後にはリノベーションされた快適な古民家をお返しします。賃貸運営も弊社が行いますので、オーナー様には一切負担はかからないのはフリーノベーションの大きな魅力です。
持て余している古民家がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

フリーノベーションについてさらに詳しく見る

 

古民家の外壁状態によってリフォーム方法を検討しよう

古民家の外壁リフォームには主に、「塗り替え・張り替え・カバー工法」の3つの方法があります。古民家の外壁の種類や状態によって、適したリフォーム方法を選びましょう。
また、古民家の外壁のリフォームは、古民家に適した材料の選定やリフォームの施工にも専門的な知識や技術が必要となります。そのため、しっかりと古民家の知見がある業者を見極め、依頼するように心掛けましょう。

もし、費用面などで古民家を持て余しているのなら、ぜひ弊社の「フリーノベーション」の利用もご検討ください。無料査定も行っていますので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

フリーノベーションの無料査定はこちらから!