空き家整理の方法とは? 費用を抑えて効率よく片づけするコツや業者選びについても

「空き家の片付けはどこから手をつければよいの?」と悩んでいらっしゃる方も多いでしょう。空き家整理するには手間も費用もかかります。できるだけ費用を抑え、効率よく作業するためには、自分に合った整理方法を選ぶことが大切です。今回は、空き家を整理する方法や費用を抑えるコツ、業者に依頼する際の選び方についても紹介します。

 

空き家を整理すべき理由

相続した家の使い道がなく、そのまま空き家になってしまうことは珍しくありません。しかし、住む予定のない空き家は放置せず、整理することを検討することをおすすめします。
空き家を早めに整理すべき理由には以下のようなものがあります。

  • 特定空き家へ指定されるのを避けるため
  • 劣化して資産価値が下がるのを防ぐため
  • 犯罪のリスクを軽減するため

 

特定空き家へ指定されるのを避けるため

空き家が劣化し「特定空き家」へ指定される前に、整理することをおすすめします。特定空き家とは、崩壊・衛生面・安全面の危険など、放置すれば害が及ぶと判定された空き家です。「空家等対策特別配置法」で、次のように定義されています。

「特定空家等」とは、
①倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
②著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが 不適切である状態 にある空家等をいう。(2条2項)
引用:国土交通省 空家等対策特別配置法について

 

「特定空き家」に指定されると、以下のようなデメリットがあります。

  • 固定資産税の負担が大きくなる
  • 罰金がかされる可能性がある

「お金をかけたくない」と、空き家を放置しておくと、逆に費用がかかる可能性があるといえます。

 

劣化して資産価値が下がるのを防ぐため

放置し、手入れが行き届いていない状況の空き家は劣化が早まります。その前に整理する方がよいでしょう。空き家を放置すると劣化しやすい理由は、下記の通りです。

  • 換気ができない
  • 水道管・ガス管が劣化する
  • 害虫が発生する
  • 水漏れしやすくなる

人が住まずに締め切った家は、換気ができません。特に梅雨や夏など湿気の多い季節に家を放置していると、カビの原因になります。使っていない状態の水道管やガス管は硬化し、ひび割れすることも少なくありません。劣化した家は、シロアリなどの害虫が発生したり、水漏れ問題が発生したりしやすくなってしまいます。さらに、問題が起こっても、空き家なので誰も気付きません。放置されたまま劣化が更に進むことが多いでしょう。

 

犯罪のリスクを軽減するため

犯罪のリスクを軽減するためにも、早く空き家を片付けておくことが大切です。空き家は以下のような犯罪の原因になる恐れがあります。

  • 放火
  • 犯罪者の隠れ家
  • 不法投棄

空き家を放置した状態が続くと、放火され、近所に被害が及ぶ可能性が出てきます。気付かないうちに犯罪者の隠れ家として利用されることもあるでしょう。空き家は不法投棄されやすいので、ゴミ屋敷になり近所に影響を与えるリスクもあります。自分の持ち家が犯罪に巻き込まれるのを防ぐためにも、一刻も早く整理しましょう。

 

空き家の整理方法

空き家を整理する方法には以下のようなものが挙げられます。

  • 業者に依頼する
  • 自分たちで整理する
  • 売却・賃貸先に委託する

それぞれメリット・デメリットがありますので、自分の状況や目的に合った方法を選びましょう。

 

業者に依頼する

遺産整理の専門業者や不用品回収業者などの片付け専門の業者に依頼し、空き家を整理してもらう方法があります。プロが素早く家の片付けをしてくれるため、短時間で片付きます。大量に出る、ゴミの捨て場に悩む心配もありません。特に、空き家が物やゴミであふれ、自分たちだけで対処するのは難しい場合、業者に委託した方がよいでしょう。

一方、業者に依頼すると、コストがかかるのがデメリットといえます。また、多くの業者があり自分に合った業者を見つけるのに手間がかかる場合もあります。

 

自分たちで整理する

空き家を自分たちで整理することもできます。人件費がかからないため、安い費用で片付けができるメリットがあります。しかし、全てを自分たちで手配しなければいけないことが最大のデメリットです。整理するためのプランを立て、道具を準備し、行動する必要があります。

例えば、重いものを運んだり、細々としたものを片付けたりするにはパワーも時間もかかります。ゴミの廃棄方法についても自分たちでリサーチし、処理しなければなりません。費用は比較的安く抑えられますが、実行するための労力が求められるといえます。

 

売却・賃貸先に委託する

売却・賃貸し先に委託し、空き家を売却したり、貸し出したりすることもできます。空き家のプロが、段取りを進め、整理してくれるため、最もスムーズで簡単な方法です。

一方で、すぐに売却・借り手が見つかるとは限らないというデメリットがあります。また、売却・賃貸し先に委託する場合は、空き家の中にある荷物の所有権を放棄しなければならないことも、覚えておきましょう。

 

空き家整理を自分で行う際の手順

コストを抑えるために、自分たちで空き家を整理しなければならないこともあるでしょう。
自分たちで空き家を整理する場合以下のような手順がおすすめです。

  1. 準備(3つの準備段階がある)
  2. 外注対策
  3. 必要なもの・不必要なものを分ける作業
  4. 不必要なものの処分
  5. 掃除

 

【準備】やるべきこととスケジュールの整理

準備段階の1ステップは、やるべきこととスケジュールを整理し、計画を立てることです。作業する日数・人数・方法などを決めましょう。

空き家を整理するための目安としては、広さやものの多さによっても変わりますが2〜4日、3人以上が必要です。「今日はリビング」「今日は2階」など、その日に整理する場所を決めておきましょう。また「必要なものを分ける係」「ゴミを運搬し処理する係」のように誰が何をするのか役割を分担しておくとスムーズに作業できます。

 

【準備】ゴミ処分方法の検討

ゴミ処分方法を検討しましょう。主なゴミの処分方法は以下のとおりです。

  • 家庭ごみとして出す
  • ごみ処理センターへ持ち込む
  • 業者に回収してもらう
  • 粗大ゴミとして処分する

空き家の処分で出たゴミは、家庭ごみとして出せる場合もあります。しかし、近隣への迷惑を考慮することも大切です。何回かに分けて出す、作業した人が手分けして持ち帰るなどの配慮を忘れないようにしましょう。直接ゴミ処理センターへ持ち込むこともできます。ゴミの扱いは、自治体によって異なりますので持って行く前に行政に確認しておきましょう。<